おすすめ18禁同人音声作品 レビューまとめ

おすすめ18禁同人音声作品 レビューまとめ

 管理人が最近ハマっている18禁同人音声作品(エロボイスドラマ)から、おすすめ作品を厳選してピックアップ。

 音声作品は安くて長く使えるし、エロ漫画やエロ画像と組み合わせて使えるのが良いですね。サンプルも長時間公開されてたりして、ハズレを引きづらいのも嬉しい。

 ちなみにこの業界では「催眠音声」ジャンルが一番人気があるようなんですが、私は普通のドラマの方が好きなので、ここでは紹介してません。


...続きを読む
2016年09月30日|個別記事レビューまとめ

最近のおすすめエロ漫画

 今年は全然更新できてないので、最近のおすすめエロ漫画をまとめて紹介。

 まずはhamaoの「キャンディドロップ」。割と地味な印象の作家だったけど、三冊目にして開眼したのか、むちむち系では今一番エロい。

 ロリ系では雪雨こんの「JCマニュアル」が一押し。関谷あさみや岡田コウの後継的な作風で、最近のロリ系作家では抜群の安定感。この二冊が最近ではかなりお世話になってます。

「キャンディドロップ」hamao 

 他、ちょっとエロ度は落ちるけど、新人の柴崎ショージ「とくべつな毎日」もラブラブ系の作風でかなりセンスが良い。

 それから定番の鬼束直「いもーてぃぶ」、往年の作家ZERRY藤尾久々のエロ漫画「いろつき」なんかもオススメ。

「とくべつな毎日」柴崎ショージ  
2016年09月17日|個別記事レビュー

今年一番エロかったAV「ほろ酔い天使 南梨央奈」


うわ……今年入って一回も更新してない。
ので、適当に最近見て良かったAVでも紹介してみます。

まず今年見た中で一番エロかったAVは…

ほろ酔い天使 南梨央奈」です。



南梨央奈は私が勝手に「ポストつぼみ」に認定してる女優なんですが、
なかなか良い作品が出なくてやきもきしてました。

今作は「ほろ酔い」というコンセプトが素晴らしいし、
オナニーシーンと、ラストの絡みがラブラブで凄く良かった。

DMMの女優ランキングだと今43位だけど、今後くるんじゃないかなぁ。
照れた感じが非常に可愛らしい女優さんです。


あともう一つ紹介したいのが、
女子校生中出しソープ 葵こはる



葵こはるという女優は、他の作品見るとなんか地味な感じなんだけど、
今作に関しては大ハマりしてる。
このシリーズは愛須心亜のも見たけど、こっちの方が良かった。

ちょっとした仕草やセリフがめちゃくちゃ可愛い。
ソープ系では今まで見た中で一番かもしれない。


2016年06月09日|個別記事コメント(0)レビュー

2015年 エロかったものベスト3

2015年 エロかったものベスト3

2014 2013 2012 2011 2010 2000年代 1990年代
■エロ漫画(JK物) 「ヌーディストビーチに修学旅行で!!」師走の翁
第1位 ヌーディストビーチに修学旅行で!! 師走の翁
第2位 放課後バニラ きい
第3位 秘密 The Great Escape 尾崎未来
■エロ漫画(JC物)
第1位 分校の人たち2(非成年) 山本直樹
第2位 僕らの境界 関谷あさみ
第3位 夏の夕暮れ小道 なるさわ景

 今年は抜きゲー全然買わなかったので、漫画のみ…そろそろエロゲも卒業かな。

2015年12月30日|個別記事コメント(0)2015年レビュー

「分校の人たち2」山本直樹 レビュー

☆☆☆「分校の人たち2」山本直樹 ※非成年

 田舎の廃校寸前の学校で3人の少年少女がヤリまくるだけの作品。1巻では消化不良気味だったところもあるんだけど、この2巻に入ってからは本番やりまくりでエロすぎる。

 これが成年マークなしとは……もうマイナー出版社だと思ってめちゃくちゃやってるなぁ。はっきり言って、その辺の下手な成年コミックよりはるかにエロい。

 そのうちまた発禁くらいそうな勢い。ちなみに1巻の電子書籍版は紙の半額…なんだけど、kindle版がいつの間にか消えてる。DMMにもない。イーブックジャパンにはある…どういうことなんだ。
「分校の人たち2」山本直樹
ダウンロード版
2015年12月30日|個別記事コメント(0)2015年レビュー

「放課後バニラ」きい レビュー

☆☆「放課後バニラ」きい

 ここ数年の新人の中でも、抜群の画力と存在感を放っていた「きい」の初単行本。うーん……良いなぁ。フィニッシュシーンはまだちょっと弱いけど、過程のラブラブ感が凄く上手くて興奮する。

 たまにこういう、同人で活躍してたわけでもないっぽいのに完成されまくってる人が出てくるけど、何なんだろう? 元アニメーターとかなのかな。

 最近はベテランが頑張ってるせいか、作家の入れ替わりが昔に比べてゆるやかになってる印象なので、こういう人が出てくるのは嬉しい。

 他の新人だと、なぱたや、comic高の柴崎ショージ、juicyのなるさわ景、内藤らぶかあたりが頑張ってる印象だけど、きいは頭一つ抜けてる感じがする。
「放課後バニラ」きい
2015年12月30日|個別記事コメント(0)2015年レビュー

「四六時中ひとり占め2」桃音まみる レビュー

☆☆「四六時中ひとり占め2」桃音まみる
 最近見たAVの中で一番のお気に入り。桃音まみるの作品はあらかた見たつもりだったけど、素人物なので見落としてた…。

 とにかく序盤の騎乗位シーンが素晴らしくエロくて、ここだけでもう何度も抜いてます。他のシーンははっきり言って全然ダメだけど、やっぱり良い女優だなぁと再認識。引退が本当惜しまれる。

 新人もいろいろ漁ってるんだけど、なかなかピンとくる子に出会えない。本澤朋美なんかは見た目は凄い好みだけど、エロさは期待したほどじゃなかったし…次は涼川絢音でも見てみようかな。

「四六時中ひとり占め2」桃音まみる
ダウンロード版
2015年10月18日|個別記事コメント(0)レビュー2015年

ランス03 リーザス陥落 レビュー

◎「ランス03 −リーザス陥落−」アリスソフト

 うーん…シナリオは面白かったんですが、ゲームシステムが微妙というか…どうなんだろう、これは。シリーズファンにはオススメできる内容ですが、いろいろと不満も多かった。

 今作は「ランス01」のゲームシステムを流用してるんですが、あれはミドルプライス&短いシナリオだった「01」だから成立してたんであって、フルプライスでやられるとちょっとなぁ…という感じはある。

 ダンジョンもかなり広くなったし、自分でマップを作るか、攻略サイトでマップを見ながらでないと面倒くさい。

 特に終盤、フィールドでのエンカウント率が高すぎたのも不満。運次第ではザコに全滅させられることもあるし、何度も潜るダンジョンのある街に宿屋や店がなかったりして、かなりイライラさせられた。

 また、今作ではシリーズで初めてボイスが付いたんですが、こちらは特に違和感もなく、良かったと思う。ただ、せっかくボイスが付いてもエロシーンが薄いのは、残念だった。

「ランス03 リーザス陥落」アリスソフト
ダウンロード版
2015年09月16日|個別記事コメント(0)レビュー2015年

ランス03 リーザス陥落 攻略

ランス03 リーザス陥落 攻略

■攻略メモ
 2015年8月28日発売「ランス03 リーザス陥落」の攻略ページです。

 ダンジョンマップはランダム要素もあるので、参考程度にご利用ください。通常宝箱の中身は基本ランダムですが、セーブライオンなど一部は固定っぽい。

 装備はクールタイムのない通常攻撃と回復系を優先して買うといいかも。ただ、後ろにいる敵も攻撃してくるので、全体攻撃で早めに数を減らすのも場合によっては有効。

 ゼロスリースキルは無視しても問題ないものばかりなので、無理してまで取る必要はない。また、ゼロスリースキルの効果は戦えば戦うほど増す(パーティから外すと効果はリセット)。

 周回要素はなし。宝箱の「鏡の破片」は、全て揃えると「ザ・欠けスター」に変化。

「ランス03 リーザス陥落」アリスソフト
アリスソフト

公式ブログ
ランスカテゴリ


...続きを読む

「ヌーディストビーチに修学旅行で!!」師走の翁 レビュー

☆☆☆「ヌーディストビーチに修学旅行で!!」師走の翁

 また一段とエロくなってる…。前作の「アイブカ!(仮)」では、まだ作者の趣味に走った一人よがりな展開がなくもなかったんだけど、今作は欠点が見当たらない。パーフェクト。

 作画が上手くなったというより、構図やシチュエーションの問題だろうなぁ。好みが分かれがちなビッチ系の女子も魅力的に描けてる。やっぱりエロ漫画はシチュエーションが大事だと改めて認識できた。

 作者の最高傑作であるばかりでなく、エロ漫画の現時点での到達点。

「ヌーディストビーチに修学旅行で!!」師走の翁
2015年07月29日|個別記事コメント(0)2015年レビュー

「なつみつ×ハーレム」赤月みゅうと レビュー

◎「なつみつ×ハーレム」赤月みゅうと

 以前から作画は完璧なんだけど、ストーリーに変な力が入ってて終盤になると「何だかなぁ…」ってなっちゃう作者なんですが、今作は最初から最後までエロに徹した構成で良かった。

 複数プレイがラストだけなので、ハーレムものとしてはちょっと物足りないけど、フィニッシュシーンの破壊力は相変わらず高い。

 ただ、前にも書いたかもしれないけど、女の子の顔が全部同じに見えるのがちょっと…。キャラの描き分けさえ出来れば、天下取れる作家と思うんだけど、そこだけが残念。

「なつみつ×ハーレム」赤月みゅうと
2015年07月17日|個別記事コメント(0)2015年レビュー

「あねこもり」DISTANCE レビュー

◎「あねこもり」DISTANCE

 何年か前に一般誌で連載したあと、成年誌に復帰してちょっとエロ度がダウンしてた印象だったんだけど、今作で完全復活したかな。この人の描く女の子のむちむち感はやはり素晴らしい。

 ただ、この人もベテランだし、そろそろマンネリ感も感じるようになってきた。設定なりシチュエーションなり、何かしらひねりがないと、今後はつらくなってきそう。

 表題作の「あねこもり」を見ると伊東ライフの影響が色濃くて笑っちゃったけど、作者もいろいろ試行錯誤してるんだろうなぁ。

「あねこもり」DISTANCE
2015年07月05日|個別記事コメント(0)2015年レビュー