「TiTiKEi」石恵 レビュー

◎「TiTiKEi」石恵

 3年遅い、というのが第一印象。石恵がホットミルクの表紙に起用された頃のインパクトは凄かったですけど、さすがに今これを2500円で出されてもなぁ…。収録作も古いのが多いし。

 私がカラー漫画があまり好きじゃないというのもあるんだろうけど、この人はやっぱりエロ漫画家よりイラストレーター寄りですね。めちゃくちゃ上手いけど、エロさはそこまで感じられない。

 まあ、塗りは今でも非常に魅力的だし、画集の感覚で購入するならいいと思う。しかし、こういう作品こそ電子書籍で出せばいいのに。フルカラーでもコストが変わらないのは、大きなメリットだと思うんだけど。

「TiTiKEi」石恵
サンプル画像
2013年09月13日|個別記事2013年レビュー

「常春荘へようこそ」如月群真 レビュー

○「常春荘へようこそ」如月群真

 前作よりはエロかった気がするけど、相変わらずマンネリ感は否めない。メインヒロインがヤリマンなのはいいとしても、他のヒロイン含め、キャラがあまり立ってないのが辛かった。

 作者は昔からそうだったけど、そういった欠点は画力で全てねじ伏せてきた。最近はそれがもう限界にきてるのかもしれない。上手さは相変わらずなんだけど、最近は物足りなさの方が目立つ気がする。

 あと「舞FAVORITE」でもそうだったけど、物語のラストにわざわざ新キャラを登場させるのはどうだろうか。単行本の描き下ろしでちょろっとエッチシーンがあるにはあるけれど、何かスッキリしないというか。新キャラで盛り上がった性欲の行き場がないというか。

「常春荘へようこそ」如月群真
サンプル画像
2013年08月16日|個別記事2013年レビュー

「美少女クラブ(上下巻)」赤月みゅうと レビュー

◎「美少女クラブ(上下巻)」赤月みゅうと

 画力はさらに向上してるし、エッチシーンの密度も非常に濃い。レベルの高い作品ではあるんだけど、どうも何だかエロくない…。

 ストーリーは、人類最後の男となった少年が子作りのために少女達とセックスしまくる、みたいな感じなんですけど、少女達が基本的にエッチに何の抵抗もないので、まったく気持ちが盛り上がらない。

 また、相変わらず顔の描き分けが出来てないので、こういう多人数ヒロインのハーレム物が絶望的に向いていない。前作のように単一ヒロインの話の方が合ってると思う。

「美少女クラブ(上巻)」赤月みゅうと
サンプル画像
2013年08月14日|個別記事2013年レビュー

ランス01 光をもとめて(体験版) 攻略

ランス01 光をもとめて(体験版) 攻略

■攻略メモ
 ここはランス01(体験版)の攻略ページです。

 製品版の攻略ページはこちら。

 ダンジョンMAPはループしてる。シィルのヒーリングは状態異常も治る。体験版ではLV14まで上げられる。LV10でチップ+2&店の品揃えが増える。LV13でALICEMAN銅貨がもらえる。

 よいこの採集セットを使って女の子モンスターを倒すとCGイベントが見られるが、昼と夜でCGは違う。

「ランス01 光をもとめて」アリスソフト
アリスソフト

公式ブログ
ランスカテゴリ

...続きを読む
2013年08月08日|個別記事

Jコミで読んでおくべきおすすめエロ漫画

Jコミで読んでおくべきおすすめエロ漫画

 知らない人に簡単に説明しておくと、「Jコミ」とは漫画家の赤松健が立ち上げた絶版漫画無料配信サイト。最近、成人向け作品も無料配信が開始されました。

 はっきり言って抜ける作品はまだないので、エロ漫画史的に重要な作品や、プレミアがついている作品を中心にセレクト。今後、そういう作品が増えたら随時更新していきます。


...続きを読む
2013年07月25日|個別記事データベース

「W美少女密着 逆3Pソープランド」上原亜衣・つぼみ レビュー

☆☆「W美少女密着 逆3Pソープランド」上原亜衣・つぼみ

 桃音まみるが引退して、いろいろ新しい女優を漁ってたんですが…最近ようやく好みの娘を発見。かなりメジャーなんで知ってる人も多いと思いますが、ぽちゃ系の身体つきが素晴らしい、上原亜衣です。

 今のところ、オススメはつぼみと共演した3Pモノ「W美少女密着 逆3Pソープランド」かな。ワイド画面用にアングルとかよく研究してるなーという感じで、スタッフのこだわりが感じられる良作。

 単体では、今のところ「大人しい地味子に中出し7」が良かったけど、エロはちょい薄め。他にも気になってる作品があるんで、見終わってから殿堂に書き加えようと思います。現役では今、一番好きな女優さん。

 ちなみに、つぼみの新作で「つぼみと子作り新婚生活」も見たんですが、悪くはないんだけど、さすがにもう新鮮さが感じられなかった。

「W美少女密着 逆3Pソープランド」上原亜衣・つぼみ
ダウンロード版
2013年06月25日|個別記事2013年レビュー

2010年代のエロ漫画(成年誌)

2010年代のエロ漫画(成年誌)


...続きを読む
2013年06月23日|個別記事エロ漫画回顧録

2000年代のエロ漫画(成年誌)

2000年代のエロ漫画(成年誌)

僕が出来る限りの「かわいい」を詰め込んだマンガがこの[song]です。描いてて背中がむずがゆくなるようなマンガをずっと描きたいと思っていたので、実現出来てとても嬉しいです。とにかく「むぎゅう〜」が合い言葉。笑。(中略)描いた本人が言うのもなんですが彼等には一生いちゃいちゃしてて貰いたい、などと思ったりしています。笑。

加賀美ふみを「かわいいね」作品解説より

...続きを読む
2013年06月23日|個別記事エロ漫画回顧録

2010年代のエロ漫画 岡田コウ 鬼束直 東山翔 しでん晶

■岡田コウ 鬼束直 東山翔 しでん晶

 ロリ系では、ピークを迎えつつある鬼束直「ポルノグラフィティ」、東山翔Japanese Preteen Suite」あたりは外せないけど、この辺からLOはペド気味になってきて、私はあんまり興味もてなくなりましたね。

 非LOでは、新人の岡田コウチュー学生日記」が女流ならではの可愛らしい作風で断トツ人気に。マイナーどころで、しでん晶キャンディーガール」なんかもレベルの高い作画で印象に残った。

 ちなみに、この頃からAmazonで「COMIC LO」を始め、LO系の単行本がほとんど扱われなくなる事態に発展。そのくせ、マーケットプレイスでは扱われてたりもするし、基準が謎すぎるんですが…かなりヤバイ。

「チュー学生日記」岡田コウ
ダウンロード版

鬼束直
「ポルノグラフィティ」より

東山翔
「Japanese Preteen Suite」より

しでん晶
「キャンディーガール」より
2013年06月21日|個別記事2010年代レビュー

2010年代のエロ漫画 師走の翁 そうま竜也 ひげなむち 赤月みゅうと ホムンクルス

■師走の翁 そうま竜也 ひげなむち 赤月みゅうと ホムンクルス

 むちむち系では、師走の翁ピスはめ!」が突出したクオリティだった。大ベテランにして、いまだにこの速度で成長できるのは凄すぎる。同じくベテランのそうま竜也もっちゃん」も好きでしたね。

 新人では、絶妙な寝取り感が見事だったひげなむちヒト・カノ」が一押しだけど、ロリ系から転換した赤月みゅうと奴隷兎とアンソニー」もエロかった。ホムンクルスも売れてましたが、作画以外はまだまだかな。

 今は業界全体の画力がとんでもなく上がってきてて、センスある若手が出てきても、画力で中堅に負けちゃうケースが目立ってきた。新人は今後、ひげなむちのようにテーマを絞って勝負すべきかもしれない。

「ピスはめ!(上巻)」師走の翁
ダウンロード版

師走の翁
「ピスはめ!」より

ひげなむち
「ヒト・カノ」より

赤月みゅうと
「奴隷兎とアンソニー」より
2013年06月19日|個別記事2010年代レビュー

2010年代のエロ漫画 久遠ミチヨシ ハルミチヒロ 田中ユタカ 榎木知之

■久遠ミチヨシ ハルミチヒロ 田中ユタカ 榎木知之

 この時期の非成年では、特に久遠ミチヨシ絶対★は〜れむ」の安定感が目を引く。抜き特化のハーレム物として、高いレベルでまとまってる良作。ただ、ちょっと長く続けすぎな気も。

 シナリオ重視なら、ハルミチヒロベルベット・キス」が人気だったけど、少女漫画的な内容には好みが分かれそう。なので、個人的には田中ユタカ久々のエロ漫画「初愛」あたりがオススメ。

 やはりラブラブ和姦物では他の追随を許さない魅力がある。他にもいろいろ読んだけど、ピンときたのはこのくらいかな。新人では、榎木知之あたりが売れてた印象ですが、エロ度はいまいち。

「絶対★は〜れむ」久遠ミチヨシ
ダウンロード版

久遠ミチヨシ
「絶対★は〜れむ」より

ハルミチヒロ
「ベルベット・キス」より

田中ユタカ
「初愛」より
2013年06月17日|個別記事2010年代レビュー

2000年代のエロ漫画 関谷あさみ 東山翔 鬼束直 佐々原憂樹 月吉ヒロキ 寄生虫 ゴージャス宝田

■関谷あさみ 東山翔 鬼束直 佐々原憂樹 月吉ヒロキ 寄生虫 ゴージャス宝田

 ロリ系では、関谷あさみYOUR DOG」が一押し。女流ならではの細やかな感情表現が見事で、2000年代では最エロクラス。作者がその後、一般でメインに活動しているのが残念すぎる。

 また、雑誌「COMIC LO」の全盛期はこの頃だと思いますが、LO関連で一冊オススメするとしたら、長編の東山翔Gift」かな。和姦好きとしては鬼束直Lovable」も捨てがたい。

 他、LOには佐々原憂樹を始め、黒タイツ陵辱の月吉ヒロキバー・ぴぃちぴっと、劇画調もこなす雨がっぱ少女群、一般に行った緋鍵龍彦など…実に個性的な作家が揃ってました。

 ただ、一部を除いてデジタル色が強すぎるのは残念。むちむち系もそうなんですが、この時期以降の若手には、デジタルツールの弊害(滑らかすぎる描線や過度なグラデーショントーン)が目立ってくる印象。

 世代のせいもあると思うんですが、この手の作風にはどうしても多少の抵抗を感じてしまう。

 非LO系では、大ベテラン・寄生虫(増田晴彦)の同人誌をまとめた実姉モノ「R姉弟」、エロ漫画家をテーマにしたゴージャス宝田キャノン先生トばしすぎ」あたり、個性的な作風でオススメしたいところ。

「YOUR DOG」関谷あさみ
「Gift」東山翔
ダウンロード版

関谷あさみ
「YOUR DOG」より

東山翔
「Gift」より

鬼束直
「Lovabel」より

佐々原憂樹
「しゃるうぃーげーむ」より

月吉ヒロキ
「独蛾」より

寄生虫
「R姉弟」より
2013年06月16日|個別記事2000年代レビュー