1970年代のエロ漫画 本宮ひろ志

■本宮ひろ志

 週刊プレイボーイ連載の本宮ひろ志俺の空」は、70年代・青年誌エロ漫画における金字塔。大財閥の跡取り息子・安田一平が、生涯の伴侶を求めて旅をする物語で、エロだけでなく話も面白かった。

 おそらく、今の若い人が読んでも違和感なく楽しめると思います。青年誌においてセックス描写のある作品というのは60年代から存在しましたが、この作品でレベルがグンと上がった感じがする。

 今ではオッサン向けの作家というイメージが強い作者ですが、後の江川達也遊人のポジションを最初に確立した作家と言っていいんじゃないでしょうか。(ちなみに江川達也は作者の元アシスタント)

「俺の空」本宮ひろ志
ダウンロード版

本宮ひろ志
「俺の空」より

本宮ひろ志
「俺の空」より

本宮ひろ志
「俺の空」より

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年07月15日|1970年代レビュー

■おすすめアダルトグッズ > 管理人レビューはこちら

人気No.1オナホール

人気No.1ラブドール

おすすめローション

包茎矯正器具