1980年代のエロ漫画 遊人 ANGEL 校内写生

■遊人

 80年代末期…例の東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件をきっかけとした有害コミック騒動が持ち上がり、成年マークが誕生するなど、一般誌でのエロ表現が大きく規制された激動の時代です。

 当時、少年誌の上村純子いけない!ルナ先生」と共に、最もその槍玉に挙げられたのが、週刊ヤングサンデーに連載されていた遊人ANGEL」でした。この2作は成年誌も含めた80年代の最エロ作品だと思う。

 ただ…有害図書指定を受けたことで、連載が一時中断したり、単行本が絶版になるなどしており、そうした背景がある為か、ストーリーの迷走ぶりが激しく、特にラストの展開はかなり唐突。

 なので、物語としては評価しづらいんですが、時代を代表する作品であることは間違いない。今の若い人から見て、青年誌エロ漫画が実用に耐えるようになるのは、この辺からではないかと思う。

 絵的には内山亜紀の流れだと思いますが、ヒロインのキャラとかまつもと泉きまぐれオレンジロード」の影響も大。リアルタイムで読んでない私から見ても、凄まじいインパクトの作画です。

 ちなみに小学館版のコミックスは3巻で打ち切られてるので、今購入するならシュベール出版版ダウンロード版がオススメ。

 また、2006年頃から週刊漫画ゴラクで続編も連載されましたが、絵柄はかなり変わってしまってます。他、特にオススメはしませんが、この時期ではリイドコミックで連載され、OVA化もされた「校内写生」も有名。

「ANGEL」遊人
ダウンロード版
「校内写生」遊人
ダウンロード版

遊人
「ANGEL」より

遊人
「ANGEL」より

遊人
「校内写生」より

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年07月28日|1980年代レビュー

■おすすめアダルトグッズ > 管理人レビューはこちら

人気No.1オナホール

人気No.1ラブドール

おすすめローション

包茎矯正器具