1970年代のエロ漫画 永井豪 あばしり一家 けっこう仮面 イヤハヤ南友

■永井豪

 劇画を含めれば貸本時代まで遡れるんでしょうが、おそらく私を含め、一般の人間が興味を持てる最古のエロ漫画といえば、1968年から週刊少年ジャンプに連載された永井豪ハレンチ学園」だと思います。

 ただ、これは作者デビュー直後の作品で拙い部分も多く、官能的な裸体描写を初めて少年誌に持ち込んだという歴史的価値はあるものの…今あえて読む価値があるかというと、かなり微妙。

 少なくとも、最初に手を出すべき永井作品ではありません。なので、初期においては同時期に週刊少年チャンピオンで連載された「あばしり一家」を強くオススメしておきたい。

 エロ描写はまだ大したことないですが、作品全体がエネルギーに満ちてるというか…エロありギャグありバトルありと、何でもありのハチャメチャぶりが凄い。中編集的な構成で、話がしっかりしてるのも良かった。

 エロ漫画家としての最盛期は70年代中盤…特に「けっこう仮面」が最高傑作だと思いますが、これは「おっぴろげジャンプ」や「窒息オマンコじめ」を駆使して正義を執行する、とんでもないヒーロー漫画でした。

 冒頭、逆さ吊りにされた少女の失禁シーンに始まり、今の少年誌ではあり得ない展開の数々。70年代のエロスを味わいたいなら、何を差し置いても読んでおくべき作品で、月刊少年ジャンプに連載されました。

 また、週マガに連載された「イヤハヤ南友」も、終盤の浣腸対決等、過激な描写とシュールなギャグで有名な作品。作中に登場する「弁天ゆり」は、永井作品歴代でも屈指の萌えキャラだったと思う。

 アニメ化された「ドロロンえん魔くん」や「キューティーハニー」は個人的にイマイチですが…まー、とにかくこの時代、少年達の性欲を一手に引き受けていたと言っても過言ではない、凄まじい活躍振り。

 一方で、同時期に「デビルマン」などシリアス系でも名作を残してるわけですからね。その幅広い作風は、作者が手塚治虫以来の天才と呼ばれる所以かと。

「あばしり一家」永井豪
ダウンロード版
「けっこう仮面」永井豪
ダウンロード版
「イヤハヤ南友」永井豪
ダウンロード版

永井豪
「けっこう仮面」より

永井豪
「けっこう仮面」より

永井豪
「けっこう仮面」より

永井豪
「あばしり一家」より

永井豪
「イヤハヤ南友」より

永井豪
「ドロロンえん魔くん」より

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年11月11日|1970年代レビュー

■おすすめアダルトグッズ > 管理人レビューはこちら

人気No.1オナホール

インサートエアピロー

人気No.1ラブドール

包茎矯正器具