1970年代のエロ漫画(少年誌)

1970年代のエロ漫画(少年誌)

 昭和四十二、三年頃、いちじ、「子どもの性教育」について、いろいろさわがれた時期があります。
 NHKなんかでも、その特集がくまれるし、雑誌ではにぎやかに、その論争がくりかえされました。
 すこしまえに、永井豪さんがれいの「ハレンチ学園」で、少年漫画にお色気をもりこみました。
 ある程度のセクシーな画は、おとながどういおうと、子どもたちはもうあたりまえにうけつけるようになってきていました。いや、むしろ、大学生や高校生が、そういうものをもとめて少年週刊誌を読むという、おかしな時代になってきていました。

手塚治虫「アポロの歌」文庫版あとがきより抜粋
初期

■永井豪

 劇画を含めれば貸本時代まで遡れるんでしょうが、おそらく私を含め、一般の人間が興味を持てる最古のエロ漫画といえば、1968年から週刊少年ジャンプに連載された永井豪ハレンチ学園」だと思います。

 ただ、これは作者デビュー直後の作品で拙い部分も多く、官能的な裸体描写を初めて少年誌に持ち込んだという歴史的価値はあるものの…今あえて読む価値があるかというと、かなり微妙。

 少なくとも、最初に手を出すべき永井作品ではありません。なので、初期においては同時期に週刊少年チャンピオンで連載された「あばしり一家」を強くオススメしておきたい。

 エロ描写はまだ大したことないですが、作品全体がエネルギーに満ちてるというか…エロありギャグありバトルありと、何でもありのハチャメチャぶりが凄い。中編集的な構成で、話がしっかりしてるのも良かった。

 エロ漫画家としての最盛期は70年代中盤…特に「けっこう仮面」が最高傑作だと思いますが、これは「おっぴろげジャンプ」や「窒息オマンコじめ」を駆使して正義を執行する、とんでもないヒーロー漫画でした。

 冒頭、逆さ吊りにされた少女の失禁シーンに始まり、今の少年誌ではあり得ない展開の数々。70年代のエロスを味わいたいなら、何を差し置いても読んでおくべき作品で、月刊少年ジャンプに連載されました。

 また、週マガに連載された「イヤハヤ南友」も、終盤の浣腸対決等、過激な描写とシュールなギャグで有名な作品。作中に登場する「弁天ゆり」は、永井作品歴代でも屈指の萌えキャラだったと思う。

 アニメ化された「ドロロンえん魔くん」や「キューティーハニー」は個人的にイマイチですが…まー、とにかくこの時代、少年達の性欲を一手に引き受けていたと言っても過言ではない、凄まじい活躍振り。

 一方で、同時期に「デビルマン」などシリアス系でも名作を残してるわけですからね。その幅広い作風は、作者が手塚治虫以来の天才と呼ばれる所以かと。

「ハレンチ学園」永井豪
「けっこう仮面」永井豪
「イヤハヤ南友」永井豪

永井豪
「けっこう仮面」より

永井豪
「けっこう仮面」より

永井豪
「けっこう仮面」より

永井豪
「あばしり一家」より

永井豪
「イヤハヤ南友」より

永井豪
「ドロロンえん魔くん」より

■手塚治虫

 正直、手塚治虫作品で面白いと思えるのは「火の鳥」と「ブラック・ジャック」くらいなんですが…エログロ&劇画ブームに押されて低迷していたこの時期、性を扱った作品をいくつか描いてるので紹介したい。

 まず少年誌においては「性教育漫画」と銘打たれ、1970年に週刊少年チャンピオンで連載された「やけっぱちのマリア」が有名。この作品、ヒロインが何とダッチワイフという設定でした。

 「無理したな、先生…」て感じですが、根が真面目な人なんでしょう。どうも説教臭いというか、永井豪ほどはっちゃけることもなく、エロはもちろん、作品としても中途半端なものになっちゃってます。

 あと、同時期に連載された「アポロの歌」や、アニメ化された「ふしぎなメルモ」なんてのもありますが…この辺は、どれもさっぱりエロくない。

 これなら、サービスシーンは非常に少ないんですが、「三つ目がとおる」に登場する元祖萌えキャラ?ボクっ娘ヒロイン・和登さんの方がよほど魅力的。この時期に、こんなキャラが存在したことに驚きました。

 特に、たまに主人公と一緒にお風呂に入るシーンは、ほのぼのしたエロで良かったですね。ただ、巻数が多いんでオススメはしづらい。オカルト物として有名な作品なので、そっちに興味があれば。

 ちなみに、田中圭一という有名漫画家の作画をほぼ完璧にコピーしているパロディ作家がいるんですが、「神罰」という作品では手塚治虫の絵柄でかなり酷い下ネタギャグを描いてます。そっちの方が面白いかも。

「やけっぱちのマリア」手塚治虫
ダウンロード版
「神罰―田中圭一最低漫画全集」田中圭一
ダウンロード版

手塚治虫
「やけっぱちのマリア」より

手塚治虫
「やけっぱちのマリア」より

手塚治虫
「三つ目がとおる」より

■池沢さとし

 池沢さとしといえば、1975年から連載され、世にスーパーカーブームを巻き起こした「サーキットの狼」で知られる作家ですが、それまでは永井豪と共に週刊少年ジャンプのエロ担当でした。

 といってもまあ、絵柄がほぼしりあがり寿なので、全然エロくはないんですが…当時のエロギャグ作品としては貴重な部類。

 初期の「あらし!3匹」は巻数も多く、プレミアが付いてる上に市場に出回ってる量も少ないので、今読むなら74年に連載された「風!花!龍!」の方がダウンロード販売もされてて入手しやすい。

「風!花!龍!」池沢さとし

池沢さとし
「あらし!3匹」より

池沢さとし
「風!花!龍!」より

池沢さとし
「風!花!龍!」より
中期

■吾妻ひでお 弓月光

 週刊少年チャンピオンに連載された吾妻ひでおふたりと5人」は、永井豪作品を除けば、70年代屈指のエロギャグ漫画なんですが…これは編集の意向で嫌々描かれたものだったそうです。

 実際、作者の作品としてはかなり分かりやすく、大衆向けに無理してたのかなぁという感じもしますが、エグイ表現もあって楽しめた。作者はSF作家としても有名なので、今なら「アズマニア」あたりもオススメしたい。

 他、この時期では、弓月光の少女漫画家時代の作品「ボクの初体験」も、TSとかTGとか言われる性転換モノとして有名ですね。脳移植によって男女が入れ替わる話で、割と面白かった。

「ボクの初体験」弓月光
ダウンロード版

吾妻ひでお
「ふたりと5人」より

吾妻ひでお
「ふたりと5人」より

弓月光
「ボクの初体験」より

■真樹村正

 真樹村正ジャンジャジャ〜ン ボスボロットだい」は、「マジンガーZ」に登場するボスボロットというキャラクターを使ったスピンオフ作品で、児童向け雑誌「テレビマガジン」に連載されました。

 続編の「おなり〜っボロッ殿だい」と共にプレミアが付いており、私もまだ読めてないんですが…当時のエロ系作品として比較的有名。作者は元々、永井豪ダイナミックプロにいたらしく、その関係で描かれたっぽい。

 ちなみに、同時期には永井豪自身も「へんちんポコイダー」等を連載しており、こちらも児童向けとしては過激な作品でした。内容はイマイチですが、そのタイトルセンスには脱帽。

「ジャンジャジャ〜ン ボスボロットだい」真樹村正
後期

■藤子・F・不二雄

 永井豪以外で、当時、多くの少年達を性に目覚めさせたと言われるのが、藤子・F・不二雄エスパー魔美」。

 藤子作品らしい、コミカルでヒューマニズム溢れる名作ですが、ドラえもん等と違ってヒロインが何と中学生…しかも画家のお父さんのヌードモデルをしているという、無駄にエロい設定が素敵です。

 アニメ化は87年なんですが、連載開始は77年から。掲載誌「少年ビッグコミック」はあだち充「みゆき」なども連載され、後にヤングサンデーとなった雑誌なので、対象年齢もいくらか高かったのかもしれません。

「エスパー魔美」藤子・F・不二雄

藤子・F・不二雄
「エスパー魔美」より

藤子・F・不二雄
「エスパー魔美」より

藤子・F・不二雄
「エスパー魔美」より

■金井たつお

 金井たつおは、77年から連載されたゴルフ漫画「ホールインワン」でのパンチラ描写が有名な作家。パンツに初めて「シワ」を描いた漫画家として、今やパンチラの大家とまで謳われちゃってます。

 本宮ひろ志の元アシスタントで作画が良く似ており、敵役もいかにもって感じで面白かったですが…まあ、あくまでスポ根漫画。エロ目的なら80年代に描かれた「いずみちゃんグラフィティー」の方がオススメです。

 ゴルフ漫画といえば万乗大智「DAN DOH!!」もパンチラ描写が印象に残ってますが、その辺、何かスピリッツが受け継がれてるんでしょうか。ちなみに「おれのラウンド」という続編もあり、露出度はそちらの方が上。

「ホールインワン」金井たつお

金井たつお
「ホールインワン」より

金井たつお
「おれのラウンド」より

金井たつお
「おれのラウンド」より
当時の広告

■集英社(週刊少年ジャンプ)

◆ 関連記事(年代別レビューまとめ) ◆
1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
少年誌 少年誌 少年誌 少年誌
青年誌
少年誌
青年誌
青年誌 青年誌 青年誌
- 成年誌 成年誌 成年誌 成年誌
- - エロゲ エロゲ エロゲ
- - AV

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年11月12日|エロ漫画回顧録

■おすすめアダルトグッズ > 管理人レビューはこちら

人気No.1オナホール

人気No.1ラブドール

おすすめローション

包茎矯正器具