1990年代のエロ漫画(少年誌)

1990年代のエロ漫画(少年誌)

それは私のおいなりさんだ!

あんど慶周「究極!!変態仮面」より
初期

■桂正和

 有害コミック騒動以降、少年誌では従来のエロコメジャンルが激減。代わってストーリーを重視した、より必然性のあるエロスが求められるようになってきます。その筆頭が、桂正和電影少女」だったように思う。

 ただ、当時、その圧倒的な画力は衝撃でしたが、主人公が暗い上に話もシリアスなので、私は苦手でしたね。画力がエロを邪魔してるというか…ドキドキはするけど興奮はあまりしなかった印象。

 特に尻描写に定評があり、90年代後半に連載された「I"s(アイズ)」でも人気を博しました。80年代で言及した萩原一至と共に、エロ担当として週刊少年ジャンプ黄金期を支えた一人。

「電影少女」桂正和
ダウンロード版

桂正和
「電影少女」より

桂正和
「電影少女」より

桂正和
「I"s(アイズ)」より

■山田こうすけ 柴山薫 あろひろし 山口譲司 おおめ裕一 飛鳥弓樹

 エロコメ系では月刊少年チャンピオンで連載された山田こうすけおもちゃのYOYOYO」が比較的有名。上手いんだけどエロさを感じないB級感溢れる作風はともかく、露出の多さと過激度は高めでした。

 作画的には柴山薫ライバル」の方が魅力的で記憶に残ってますが、今読み返してみるとエロいのは序盤のみで、途中からただのスポ根漫画になってたのが残念。これも騒動の影響だったのかな。

 他、主人公が美少女に変身するあろひろしふたば君チェンジ」や、マイナーどころでカジワラタケシ山口譲司おおめ裕一飛鳥弓樹あたりも読みましたが…この辺はどれもイマイチ。

「おもちゃのYOYOYO」山田こうすけ
ダウンロード版

山田こうすけ
「おもちゃのYOYOYO」より

柴山薫
「ライバル」より

あろひろし
「ふたば君チェンジ」より

山口譲司
「臀撃おしおき娘ゴータマン」

おおめ裕一
「未来ちゃん旋風」より

飛鳥弓樹
「まっどエンジェル」より

■御童カズヒコ 帯ひろ志 小野敏洋 江川達也

 90年代は児童誌がお色気を盛り込み始めた時期でもあり、特にコミックボンボンが積極的だったようです。中で有名なのは、御童カズヒコ元祖温泉ガッパドンバ」や帯ひろ志がんばれゴエモン」シリーズなど。

 一方のコロコロコミックでは、別名義で成年漫画も描いている小野敏洋(上連雀三平)が活躍。「バーコードファイター」では男の娘ブームを児童誌で先取りするという離れ業を見せてます。(↓画像は男)

 後期には江川達也も「魔動天使うんポコ」という「タルるーとくん」の焼き直し的な作品を連載してたり…。どれも基本ギャグ漫画でエロ漫画とは呼べませんが、これはこれで少年誌とは違った趣がありますね。

「元祖温泉ガッパドンバ 完全版 上」御童カズヒコ

御堂カズヒコ
「元祖温泉ガッパドンバ」より

帯ひろ志
「がんばれゴエモン」より

小野敏洋
「バーコードファイター」より
中期

■岡野剛 あんど慶周

 岡野剛・真倉翔地獄先生ぬ〜べ〜」は少年誌らしいエロコメとして評価の高い作品ですが、基本的にはオカルト漫画なのでサービス回の割合は少なめ。巻数も多いので、今読むのはちょっときついかな。

 ただ、作画的にも内容的にも、永井豪の影響が強く感じられ、80年代エロコメの系譜を最も色濃く受け継いだ作品、という気はします。小学生をここまで色っぽく描いた作家もなかなかいないでしょう。

 2000年代には青年誌で本作のスピンオフ「霊媒師いずな」も描かれており、当時のファンは要チェック。ちなみに、エロギャグ漫画として90年代屈指のあんど慶周究極!!変態仮面」もこの頃の少年ジャンプ連載作品。

「地獄先生ぬ〜べ〜」岡野剛・真倉翔
ダウンロード版

岡野剛・真倉翔
「地獄先生ぬ〜べ〜」より

岡野剛・真倉翔
「地獄先生ぬ〜べ〜」より

あんど慶周
「究極!!変態仮面」より

■高崎隆 野々村秀樹 林崎文博 黒岩よしひろ 臣士れい 新山たかし

 純粋なエロコメジャンルでは、月刊少年チャンピオン連載の高崎隆オレってピヨリタン」がありますが、これはプレミアがついてる上に作画レベルもイマイチなので、あまりオススメできない。

 絵的にはうたたねひろゆきっぽい作画の野々村秀樹・宮塢さなえOFFICE麗」や林崎文博つきあってよ!五月ちゃん」が新しくて魅力的だけど、内容が今読むにはちょっと微妙かなぁ。

 「五月ちゃん」は短いから買いやすいけど、全5巻のうち、1〜3巻と4〜5巻では内容も登場人物も全くの別物なので注意。評価が高いのは1〜3巻のみなので、読むならそこだけで十分。

 個人的にエロかった記憶のある黒岩よしひろ臣士れいも、今読むとさっぱりだし…。90年代の作品は割と安いので、けっこう片っ端から読んでるんですが、80年代と比べて何か物足りなさを感じてしまう。

 なので、いっそ児童誌寄りですが、ギャグ王で連載された新山たかし半熟忍法帳」なんかの方が「お宝感」はあるかもしれない。ただ、これはこれで内容の割に中古価格が高すぎか。

 新山たかしは、当時のゲーム少年には思い出深い「ドラゴンクエスト4コママンガ劇場」でもエロ担当として活躍。柴田亜美衛藤ヒロユキが参加していた初期の4コママンガ劇場は大好きでしたね。

「オレってピヨリタン」高崎隆
「つきあってよ!五月ちゃん」林崎文博

高崎隆
「オレってピヨリタン」より

野々村秀樹・宮塢さなえ
「OFFICE麗」より

林崎文博
「つきあってよ!五月ちゃん」

黒岩よしひろ
「鬼神童子ZENKI」」より

臣士れい・あかほりさとる
「爆れつハンター」より

新山たかし
「半熟忍法帳」より

乾はるか
「乱丸XXX」より

縞田歳朗
「おねーさんが一番!!」より
後期

■赤松健

 90年代後期…当時「金田一少年の事件簿」や「GTO」の人気でジャンプの部数を抜き、絶頂を迎えていた週刊少年マガジンに、萌え漫画の金字塔である赤松健ラブひな」が連載されます。

 「エロコメ」というより「サービスシーンが多めのラブコメ」なんですが、有害コミック騒動以降、ずっと迷走気味だった少年誌のエロ表現に、ようやく落としどころを見つけたのが、この作品だったと思う。

 今読んでも完成度の高い傑作で、同人誌も大量に出てましたね。現在は、作者が立ち上げた絶版漫画無料配信サイト「絶版マンガ図書館」にてタダで読めるので、未読の方は是非。

「ラブひな」赤松健
無料公開版

赤松健
「ラブひな」より

赤松健
「ラブひな」より

赤松健
「ラブひな」より

■瀬口たかひろ 雨宮淳 柴山薫 カジワラタケシ みやすのんき

 エロメインでは、成年誌出身の瀬口たかひろ(まついもとき)オヤマ!菊之助」が有名ですが、一話完結で全25巻は長すぎる。途中から絵柄も崩れだすし、今読むなら青年誌で描かれた「オレたま」とかの方が無難。

 他、同じく成年誌出身の雨宮淳ショッキングBOY」、後に成年誌にシフトする柴山薫爆骨少女ギリギリぷりん」、魔乳作家・カジワラタケシ(にしまきとおる)などが有名どころ。

 みやすのんきも久々に少年誌で描いてますが、いまいちピンとこなかった。90年代以降は、成年誌的な絵や表現を用いる作品が増えてくるんですが、少年漫画に求めてるエロってそういうんじゃないんだよなぁ。

「オヤマ!菊之助」瀬口たかひろ
ダウンロード版

瀬口たかひろ
「オヤマ!菊之助」より

雨宮淳
「ショッキングBOY」より

柴山薫
「爆骨少女ギリギリぷりん」より

カジワラタケシ
「純平!美女ON!!」より

みやすのんき
「Oh!パンタクBOY」より

山田こうすけ
「ためしたガール」より

出口竜正
「女大太郎」より

みなみりょうこ
「陰陽天女」より
当時の広告

■秋田書店(週刊少年チャンピオン)

◆ 関連記事(年代別レビューまとめ) ◆
1970年代1980年代1990年代2000年代2010年代
少年誌少年誌少年誌少年誌
青年誌
少年誌
青年誌
青年誌青年誌青年誌
-成年誌成年誌成年誌成年誌
--エロゲエロゲエロゲ
--AV

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年02月02日|エロ漫画回顧録

■おすすめアダルトグッズ > 管理人レビューはこちら

人気No.1オナホール

人気No.1ラブドール

おすすめローション

包茎矯正器具