2010年代のエロ漫画 きづきあきら 雨蘭 本名ワコウ 花見沢Q太郎

■きづきあきら 雨蘭 本名ワコウ 花見沢Q太郎

 青年誌では、2000年代で言及したぢたま某甘詰留太も相変わらず人気なんですが…この時期の連載開始作品では、きづきあきら・サトウナンキうそつきパラドクス」をオススメしたい。

 これは彼氏持ちのヒロインを巡る三角関係を描いたもので、終盤の展開はどうかと思うものの、途中までの寝取り感が秀逸だった。青年誌でエロをやるなら、最低でもこのくらいのストーリーは欲しいところ。

 また、ロリ系で人気を博したのが、雨蘭無邪気の楽園」。寸止め作品とはいえ、ヤングアニマルらしくない、青年誌の範疇を逸脱したロリっぷりは、前述の都条例への当てつけとも感じられます。

 ただ、成年誌やエロゲの現状を考えると、一般誌で今これをやるのは無神経すぎかな。ちなみに雨蘭は元々成年誌でペド系作品を描いてた作家で、当時の単行本には結構なプレミアが付いてたり。

 新人では携帯サイト発の本名ワコウノ・ゾ・キ・ア・ナ」が、特にダウンロード販売サイトで目立ってた印象。瀬口たかひろ佐野タカシもいろいろ描いてるけど、ちょっとピンとこないかな。

 あと、花見沢Q太郎が久々に描いたエロ系作品「少年よ大志を抱け!」も、往年のファンとしては嬉しかった。ただ、フィニッシュシーンに見開きを多用する等、手抜きが感じられたのは残念。

「うそつきパラドクス」きづきあきら・サトウナンキ
ダウンロード版
「無邪気の楽園」雨蘭
ダウンロード版

きづきあきら・サトウナンキ
「うそつきパラドクス」より

雨蘭
「無邪気の楽園」より

本名ワコウ
「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」より

■おすすめアダルトグッズ > 管理人レビューはこちら

人気No.1オナホール

インサートエアピロー

人気No.1ラブドール

包茎矯正器具

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年04月06日|2010年代レビュー