2010年代のエロ漫画(成年誌)

2010年代のエロ漫画(成年誌)

初期

■師走の翁 そうま竜也 ひげなむち 赤月みゅうと ホムンクルス

 むちむち系では、師走の翁ピスはめ!」が突出したクオリティだった。大ベテランにして、いまだにこの速度で成長できるのは凄すぎる。同じくベテランのそうま竜也もっちゃん」も好きでした。

 新人ではホムンクルスが画力の高さで売れてたけど、絶妙な寝取り感が見事だったひげなむちヒト・カノ」や、ロリ系からシフトした赤月みゅうと奴隷兎とアンソニー」の方がエロかった。

 このあたりから業界全体の画力がとんでもなく上がってきて、センスある若手が出てきても、画力で中堅に負けちゃうケースが目立ってきた。新人は今後、ひげなむちのようにテーマを絞って勝負すべきかもしれない。

「ピスはめ!(上巻)」師走の翁
ダウンロード版

師走の翁
「ピスはめ!」より

ひげなむち
「ヒト・カノ」より

赤月みゅうと
「奴隷兎とアンソニー」より

■鬼束直 東山翔 岡田コウ しでん晶

 ロリ系では、ピークを迎えつつある鬼束直ポルノグラフィティ」、東山翔Japanese Preteen Suite」あたりは外せないけど、この辺からLOはペド気味になってきて、私はあんまり興味もてなくなりましたね。

 非LOでは、新人の岡田コウチュー学生日記」が女流ならではの可愛らしい作風で断トツ人気に。マイナーどころで、しでん晶キャンディーガール」なんかもレベルの高い作画で印象に残った。

 ちなみに、この頃からAmazonで「COMIC LO」を始め、LO系の単行本がほとんど扱われなくなる事態に発展。そのくせ関谷あさみ岡田コウは普通に売られてるし、基準がよく分からない。

「ポルノグラフィティ」鬼束直
ダウンロード版

鬼束直
「ポルノグラフィティ」より

東山翔
「Japanese Preteen Suite」より

しでん晶
「キャンディーガール」より

■田中ユタカ 久遠ミチヨシ ハルミチヒロ 藤坂空樹 榎木知之

 この時期の非成年では、久々にエロ漫画に復帰した田中ユタカ初愛」がオススメ。今の基準で見るとエロ描写は薄めだけど、やはりラブラブ和姦物では他の追随を許さない魅力がある。

 中堅どころでは久遠ミチヨシ絶対★は〜れむ」の安定感が目を引く。さすがに全7巻はエロ漫画として長すぎる気がするけど、抜き特化のハーレム物として高いレベルでまとまってる良作。

 シナリオ重視なら、ハルミチヒロベルベット・キス」も人気だったけど、少女漫画的な内容には好みが分かれそう。新人では藤坂空樹榎木知之あたりが売れてた印象ですが、エロ度はいまいちかな。

「初愛」田中ユタカ
ダウンロード版

田中ユタカ
「初愛」より

久遠ミチヨシ
「絶対★は〜れむ」より

ハルミチヒロ
「ベルベット・キス」より
中期

■きい 師走の翁 伊東ライフ 杜拓哉 なぱた

 この時期は、新人のきい放課後バニラ」が断トツのクオリティ。他では、なぱた好きだらけ」、ベテランの杜拓哉の妹モノ「こんなコにしたのお兄ちゃんでしょ!!」もオススメ。

 あと、相変わらず師走の翁の成長速度が衰えない。特に「アイブカ!(仮)」「ヌーディストビーチに修学旅行で!!」あたりはもう、文句のつけようがない傑作。

 また、実際にはもっと前からかもしれないけど、この頃から商業と同人のパワーバランスが逆転しだしたように思う。私がそう感じるようになったのは、特に伊東ライフの存在が大きい。

 彼は本業がエロゲの原画家で、主に東方系の同人誌を描いてるんですが、その作画とラブラブ和姦っぷりに完全にやられてしまった。作者のサイトでサンプル画像が大量に公開されてますが、とにかくエロい。

 内容的には「がんばれ!がんばれ!」と女の子が射精を応援するスタイルが有名で、ネット上では「伊東ライフ」が応援の代名詞になったりしてます。ちなみにエロゲの代表作は「妹ぱらだいす!2」。

 結局、一般誌に足りない「エロ」と、成年誌に足りない「キャラクター性」をかけあわせたエロパロ同人が最もエロいということなんだろうか。

 すでに新人作家のほとんどは同人誌で育ち、商業誌の存在意義はどんどん薄れている。関谷あさみなど、一線級のエロ漫画家が同人誌でオリジナル作品を発表するケースも増えてきた。

「放課後バニラ」きい
ダウンロード版
「ヌーディストビーチに修学旅行で!!」師走の翁
ダウンロード版

きい
「放課後バニラ」より

師走の翁
「アイブカ!(仮)」より

伊東ライフ
「やわらかパチュリーさま」より

なぱた
「パンデモニウム」より

杜拓哉
「こんなコにしたのお兄ちゃんでしょ!」より

ホムンクルス
「レンアイサンプル」より
■関谷あさみ 岡田コウ 柴崎ショージ へんりいだ 荒草まほん 睦茸
 ロリ系では、何と言っても7年振りに成年コミックに帰ってきた関谷あさみ僕らの境界」をオススメしたい。同人誌でエロを描き続けてきたからだろう、一般に行ってたというのにエロ度は格段に上がっている。

 また、それまで少女漫画的な寝取られがネックだった岡田コウが「せんせいと、わたしと。」という万人向けの作品を描いているので、まだこの作者を未読の人はこれから読むといいかと。

 新人では、柴崎ショージとくべつな毎日」がベスト。他、へんりいだ荒草まほん睦茸あたりも頑張ってた印象。

「僕らの境界」関谷あさみ
ダウンロード版

関谷あさみ
「僕らの境界」より

岡田コウ
「せんせいと、わたしと。」より

柴崎ショージ
「とくべつな毎日」より
■色白好 ぽんこつわーくす みこくのほまれ
 非成年では、色白好ネトラセラレ」が一押し。内容はそのまんま、寝取られ(寝取らせ)ものなんだけど、このジャンルでは下手な成年向け作品よりエロいと感じた。

 前作の「過ち、はじめまして。」も似たようなジャンルで市場の評価は高いんですが、この頃はまだ作画的に物足りない印象があるので、こちらから読んだ方がいいと思う。

 他だと、ぽんこつわーくすお嬢様は逃げ出した!」あたりがめぼしいところだけど、これは無難にまとまりすぎてる感じがする。みこくのほまれなんかも作画は好きだけど、エロが薄すぎる。

「ネトラセラレ」色白好
ダウンロード版

色白好
「ネトラセラレ」より

色白好
「過ち、はじめまして。」より

ぽんこつわーくす
「お嬢様は逃げ出した!」より
後期

■笹森トモエ 師走の翁 尾崎未来 きい Hamao 赤月みゅうと

 この時期、天下を獲っていた感があるのは、笹森トモエ。商業で出た「放課後の優等生」も良いけど、同人で出た「サキュバステードライフ」の方がエロい。むちむち系では敵なし。

 あと、よくお世話になってたのは、師走の翁円光おじさん」と尾崎未来放課後ラブモード」。二人とも大ベテランなのに、まだ上手くなってるのが凄い。

 他、きい群青ノイズ」、Hamao温かくて柔らかくて」、赤月みゅうとラブメア」、ホムンクルス求愛エトランゼ」など。

「放課後の優等生」笹森トモエ
ダウンロード版

笹森トモエ
「放課後の優等生」より

師走の翁
「円光おじさん」より

尾崎未来
「放課後ラブモード」より

きい
「群青ノイズ」より

Hamao
「温かくて柔らかくて」より

赤月みゅうと
「ラブメア」より

■たまちゆき 岡田コウ なるさわ景 シイナ 40010壱号 葛湯 ヤマダユウヤ

 ロリ系だと、岡田コウも相変わらず上手いんだけど、私が好きだったのは、たまちゆき小悪魔的カノジョ」。大ベテランなのに、ここへきてまさかの覚醒。絵柄は古いけど、それがまた良い。

 あとは、ねっとりした描写で濃厚な絡みが楽しめる、なるさわ景甘ったれバンビ」や、クール系ツンデレヒロインが魅力的な長編、シイナノラネコ少女との暮らしかた」なんかもオススメ。

 他、若手では、40010壱号プロトタイプマドモアゼル」、中村葛湯彼女のせつな」、ヤマダユウヤ溺れる白昼夢」などもよかった。
「小悪魔的カノジョ」たまちゆき
ダウンロード版

たまちゆき
「小悪魔的カノジョ」より

なるさわ景
「甘ったれバンビ」より

シイナ
「ノラネコ少女との暮らしかた」より
◆ 関連記事(年代別レビューまとめ) ◆
1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
少年誌 少年誌 少年誌 少年誌
青年誌
少年誌
青年誌
青年誌 青年誌 青年誌
- 成年誌 成年誌 成年誌 成年誌
- - エロゲ エロゲ エロゲ
- - AV

■おすすめアダルトグッズ > 管理人レビューはこちら

人気No.1オナホール

インサートエアピロー

人気No.1ラブドール

包茎矯正器具

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年06月23日|エロ漫画回顧録