2008年12月「姪少女」「Lovable」「お嬢様はHがお好き」

☆ 2008年 エロかったものベスト3 ☆
2010 2009 2008 2007 2006 青春
■エロゲー
第1位3Dカスタム少女テックアーツ3D3Dアニメ
第2位彼女×彼女×彼女ωsutarADV
第3位闘神都市アリスソフトRPG
■エロ漫画
第1位YOUR DOG関谷あさみロリータ
第2位A.My.Sweets井ノ本リカ子巨乳
第3位Gift東山翔ロリータ

☆ 2008年 月別レビュー ☆
12月

◎「むすめーかー」Digital Cute

 とりあえずバグがかなりあるので、パッチ必須。CGがペド気味なのは最初から覚悟してたけど、思ってたより陵辱シーンが多いのは残念だった。

 ただ、アニメを取り入れたエロシーンはかなり良い出来で、テキストも濃い。全体的に、クオリティは新規メーカーとは思えないほど高いと思う。シューティングゲームも無駄に力が入ってるし。

 ADVには愛想が尽きかけていたので、こういう作品は大歓迎。だけど、次回はもっと明るいシナリオを希望。あと、女の子ももう少し大きく…。
「むすめーかー」Digital Cute
ダウンロード版

◎「姪少女」たぬきそふと

 CGは文句なし。ロリ系に限るなら、業界で野々原幹と赤丸のタッグに敵う人はいないでしょう。ただ、シナリオが…主人公が変態すぎて感情移入が全然できない。

 これじゃRUNEで出した「娘姉妹」と同じで、何のために独立したんだかよく分からない。エロいのはエロいんだけど、ちょっと人には勧めづらい内容というか。

 たぬきそふとにはこの先、「Ricotte」あたりの作風でエロを濃くしたものを期待してたんだけど…この分じゃ無理なのかなぁ。もっと、らぶらぶエッチが見たかった。

☆☆「Lovable」鬼束直

 「LO」執筆陣の中でも東山翔と共に抜群の存在感を放つ、鬼束直の最新作。これで先月の「Gift」に続き、ロリータ漫画界からまた一つ、新たな至宝が誕生しました。

 画力の方はもう完成されたのか、前作「ワン・ホット・ミニット」から大きな変化はないんですが、ストーリー、ネームがより洗練され、作品全体から湧き出るエロスが大幅に向上している。

 どの作品も素晴らしいの一言に尽きるけど、今のところ読切ばかりなので、今度はそろそろ続きものにも挑戦して欲しい。

 それにしても、今年はエロ漫画が大豊作だった。殿堂入り8冊。うち三ツ星2冊、二ツ星2冊。来年からはもっと厳しくするべきか…。

◎「お嬢様はHがお好き」ぼっしぃ

 前作「水着彼女」がよほど売れたのか、今回は初回限定版と同時発売。もう、鳴子ハナハルを抜かせばワニマガジンの看板作家ですね。

 良い作家だとは思うけど、個人的には、この路線でダントツの破壊力を誇る石恵のおかげで、ちょっと影が薄い印象が…。絵が綺麗すぎて、逆にエロが薄く感じられてしまうのが惜しい。

 石恵も来年にはそろそろ初単行本が出るだろうけど、2000円でもバカ売れすると思うんで、コアマガジンにはカラー満載の思い切った装丁で良い本を作ってもらいたい。

2008年12月16日|トップページへ個別記事

2008年11月「Gift」東山翔

11月

☆☆「闘神都市掘アリスソフト

 クリアまで長かった〜。まさに超大作。シナリオは一本道でお使いゲー的なところはあるけど、でも面白い。たっぷり楽しませてもらいました。

 戦闘は一対一で最初どうなんだろうと思ったけど、スキルが増えて慣れてくると駆け引きが楽しくなってくる。エロも実に良い感じ。

 ダンジョンがあっさりしすぎてて攻略しがいがないのは残念だったけど、演出と、特に終盤の音楽が見事で、ラストではかなり気分が盛り上がりました。傑作とはいかないまでも、十分に良作。

 ちなみに18年前に発売された初代「闘神都市」は、「アリスソフトアーカイブズ」さんでWIN版を入手可能。管理人もやってみましたが、今プレイしてもそこそこ遊べてしまうから凄い。

闘神都市

☆☆「Gift」東山翔

 表題作である長編「Gift」を含む、著者二冊目の単行本。前作も良かったけど、今作は全体的にレベルがすごい向上していて、特にエロシーンの濃厚さには舌を巻きました。

 ストーリーに傾きすぎることもなく、エロ漫画として完成されたネームは見事という他ない。しかも、まだまだ伸びしろがありそうです。ロリ好きには断固、買い推奨。

 背景なんかの描き込みを見ると、作者はいずれ一般誌で描きたいんだろうなぁと感じますが、この人なら向こうでも成功しそうでちょっと複雑。
2008年11月30日|トップページへ個別記事

2008年10月「箱−はこ−」「あれふぇち」

10月

△「箱−はこ−」イリュージョン

 3Dですから、まあエロいのはエロいんですが…このストレスが溜まるシステムは何なんだろう。毎日毎日、単調な作業の繰り返し。肝心のエッチシーンは射精一回で強制終了。

 管理人は20日目あたりで投げ出しました。お手軽さとエロさを求めるなら「すくぅ〜るメイト」か「レイプレイ」の購入を強くオススメします。

 ちなみに3Dといえば、先日「3Dカスタム少女」でユーザーの度肝を抜く無料アップデートを敢行したテックアーツ3Dが、再びアップデートを計画しているようです。あそこはいずれ天下を取るかも。

○「あれふぇち」北河トウタ

 北河トウタは好きな作家なんだけど、今作は少しエロが薄いかな。フェチものなんでしょうがないとは思いますが…強くオススメするほどではない。でも、一年前なら躊躇なく◎を付けてた気がする。

 それほど、今の成年コミック界はレベルが高い。私がエロ本を買い始めた中高生の頃に読んでた漫画なんて、今見ると全然だったりするからなぁ…。

 そうなると、いま殿堂入りに指定している作品も、いつかは殿堂から外す日がくるかもしれない。想像もつかないけど。
2008年11月01日|トップページへ個別記事

2008年9月「A.My.Sweets」「あったかく、して。」「しょーぱん!!」「LO画集 TAKAMICHI LOVE WORKS」

9月

☆☆☆「A.My.Sweets」井ノ本リカ子

 不動の三ツ星殿堂作家・井ノ本リカ子の最新作。今回は読み切り作品をまとめた短編集なんだけど、信じられないことに、またしても…エロくなっている。

 ブログ立ち上げの時から、うちは一貫して「井ノ本リカ子最エロ説」を主張し続けてるんで、今さら言うことも特にないんですが、和姦ラブえろ作品が好きなら家宝となるであろう一冊。

 どんなに性欲が減退してても、この人の漫画を読めば元気になる。こんな作家は他にいません。

◎「あったかく、して。」雨がっぱ少女群

 非常に独特な世界観を持つロリータ作家。デビュー作「小指でかきまぜて」からは、かなりマイナーチェンジされてきましたが、作品の奥に見え隠れする狂気は変わらず。

 たまにこういう才能が出てくるから、エロ漫画は侮れません。「町田ひらく」にしてもそうだけど、この手の作家に作品発表の場があるというのは、日本の本当に素晴らしいところだと思う。

 実用度も◎評価。一度は読んでもらいたい作家さんです。

◎「しょーぱん!!」朝木貴行

 著者三冊目の単行本。技術も安定度も格段に増し、やっと当ブログでも安心してオススメできるレベルになってきました。

 ただ、最近デビュー単行本「ちょいすじ」がアニメ化された影響でしょうか、意識してるのかは分からないけど、ストーリー構成が変にあざとく感じられる作品が少々…。

 一般やアニメ化を意識して駄目になるのは、エロ漫画家のよく陥るパターンですが、今はあまり寄り道せず、もう少しエロを磨いて欲しい。この人はまだまだエロくなる。

■「LO画集 TAKAMICHI LOVE WORKS」たかみち

 たかみち氏の魅力的なイラストと、宮村和生氏の卓越したデザインによって、「COMIC LO」の表紙は一般の漫画誌すら足下にも及ばない境地に達している。

 そんなLOの表紙イラストをまとめた画集がついに登場。画集なんて買ったことのない私でも、これはちょっと欲しくなります。

 しかし、発売前から早くも予約できない状態…すごい人気ですね。もちろんエロはないんですけど、ちょっと紹介したくなったので載せてみました。
2008年09月26日|トップページへ個別記事

2008年8月「どっぷり中出し学園戦争」「365☆SUPER COLOR+PLUS」尾崎未来

8月

◎「どっぷり中出し学園戦争」SQUEEZ

 前作「おしえて!唯子先生」が実にエロかったので、今作も期待して購入。キャラが多いとエロが薄くならないかと不安だったんですが、その心配もなく全編濃いエロが満載でした。

 原画は先月の「KISS×500」も担当していたミヤスリサ。もう、すっかり売れっ子ですね。管理人の好きな絵師さんなんですけど、このソフトでようやく「当たり」が出た感じ。

 個人的には「唯子先生」の方が好きですが、抜き目的であれば文句なく買いです。オススメ。

◎「365☆SUPER COLOR+PLUS」尾崎未来

 殿堂作家・尾崎未来の新作ですが、これは過去作「365☆SUPER COLOR」に単行本未収録の読み切り等を加えて再編集したものなので注意が必要。

 ファンなら迷うことなく買って良いと思いますが、そうでないなら、まずは「The Great Escape」から読むべき。あっちの方が断然エロいです。

 しかし、コアマガジンはサンプル画像が見られるので便利ですよね。他の出版社も見習って欲しい。

サンプル画像
2008年08月30日|トップページへ個別記事

2008年7月「KISS×500 KISS権、発動」「少女マテリアル」鳴子ハナハル「しゃるうぃーげーむ?」佐々原憂樹「初犬(3)」犬

7月

○「KISS×500 KISS権、発動」WINTERS

 何て言うんでしょうか、「これぞエロゲー」という感じの、ライターの軽い異常性を感じるシナリオは今回も健在。TVアニメやコンシューマーに流用できるような軟弱な作品が増える中、この点は好印象です。(売上にはつながらないんでしょうが…)

 ただし、肝心のエロさがまったくの期待外れだった。旧シリーズの良さを損なわない無難な作りではあるけど、現在の水準では「薄い」と言わざるを得ない。

 キスに特化したコンセプトは個人的に大好きだし、CGも良かっただけに残念です。

☆「少女マテリアル」鳴子ハナハル

 「かみちゅ!」でお馴染み、鳴子ハナハルの成年コミック初単行本がついに発売です。一部の作品を除けばエロさは申し分なく、オススメ…ですが、収録作品のチョイスには不満も残る。

 売りであるはずのカラー原稿が少なすぎ。もっとエロいカラー漫画がたくさんあるんだから、値段を上げてでも、そういう作品を全部収録して欲しかった。2000円でも売れるだけの価値・話題性は持っているはず。

 たまに雑誌の増刊で、作品をまとめた「鳴子ハナハル特集号」を出してるので、もしかしたら、その関係で出し惜しみしてるのかもしれない。

☆「しゃるうぃーげーむ?」佐々原憂樹

 著者二冊目の単行本。処女作「遠い日の欠片」でもかなりレベル高いと感じた作画が、この「しゃるうぃーげーむ?」でさらに高みへと進化しました。当然、それに比例してエロ度もアップ。

 今や「LO」執筆陣の中でも頭一つ抜けた印象です。ロリ系作家としては関谷あさみあかざわREDに続いて、個人的には第三位。

◎「初犬(3)」犬

 この「初犬(3)」で、「ストレンジ・カインド・オブ・ウーマン」シリーズも無事完結。こういう萌え系の絵だと、エロが薄くなりがちなんですが、この作者の絵はどんどんエロく進化している。先が楽しみな作家さんです。

2008年08月28日|トップページへ個別記事

2008年6月「3Dカスタム少女」「たいらんと・ぱにっしゅ」笹倉綾人

6月

◎「3Dカスタム少女」テックアーツ3D

 テックアーツより3Dゲームへの新規参入第一弾。「人工少女3にこういうモードがあればなぁ…」という思いを具現化してくれたような、エロに特化した割り切ったシステムが個人的に好印象。

 ボイスが一種類しかないとか、カスタム要素が少ないとか、不満点もありますが、今後に期待を持たせる素養は十分。3D系が好きな方は買って損はない出来です。

 あと、この手のゲームでいつも思うんですが、モーションやコスチュームの作成ソフトを配布できないんでしょうか? アップロードサイトを有料制にするか、もしくは作成データの販売サイトを作れば、手数料でコスト回収もできると思うんだけど…。

◎「たいらんと・ぱにっしゅ」笹倉綾人

 コミック版「灼眼のシャナ」でお馴染み、笹倉綾人の2冊目となる成年向け単行本「たいらんと・ぱにっしゅ」。

 前作「少女流幸福攫取論」はイマイチでしたが、一般誌で鍛えられた画力でエロさにも磨きがかかり、特にツンデレ系の女の子を描かせれば業界でも一、二の存在へと成長しました。ファン必携の書。

2008年06月07日|トップページへ個別記事

2008年5月「彼女×彼女×彼女 三姉妹とのドキドキ共同生活」「メトラセ 〜ドキらぶ☆新婚委員会〜」「YOUR DOG」関谷あさみ

5月

◎「彼女×彼女×彼女 三姉妹とのドキドキ共同生活」ωstar

 業界でもトップクラスの画力を誇る八宝備仁の原画が、相変わらず破壊力抜群。CG枚数、シーン数もたっぷりで、おかずとして大満足の一作です。

 欲を言えば、これだけ絵がエロエロなんだから、ライターにはもっと頑張って欲しかった。長さも質も、エロシーンのテキストは十分水準以上だし、無難にまとまってるんだけど、絵の力に負けちゃってる印象が少し。

 とにかく構図といい、全体的にかなりのエロさなので、それ目的なら間違いなく「買い」です。

ダウンロード版

☆「ウィザーズクライマー」ソフトハウスキャラ

 ゲーム性にこだわることで知られるメーカー「ソフトハウスキャラ」最新作。アリスソフトなんかに比べるとレトロな作りですが、それが大きな魅力にもなっており、プレイしていて「プリンセスメーカー」を思い出しました。

 繰り返しプレイ前提ですが、二周目以降はステータスや資金を引き継げる親切設計もあり、プレイヤーを飽きさせない工夫はさすが。

 相変わらずエロは薄いんで、それ目当ての購入はオススメ出来ませんが、ゲームとしての完成度は高いです。

○「メトラセ 〜ドキらぶ☆新婚委員会〜」undead

 伝説の原画家・JOY RIDEが立ち上げたブランド「undead」の三作目。

 デビュー作「SweetRoom」と前作「とらぶる!シスタールーム」はシナリオを何とJOY RIDE自身が担当。エロ重視なのは良かったんですが、内容が少し短く、惜しい作りになってました。(その分、安くはあったけど)

 三作目となる今回はついにライターを雇い、これが真価を問われる本当のデビュー作となるはずだったんですが…またもエロシーンのテキスト描写が薄い。絵は好きなんだけど、次からは買わないかも。

ダウンロード版

☆☆☆「YOUR DOG」関谷あさみ

 「くすりゆびハニー」以来、久々の三ツ星作品。読み切り作品なんかは、エロかったりエロくなかったり…まだまだばらつきが見える作者ですが、この単行本は完璧です。

 連載作品ならではの感情移入度で興奮度も倍増。今後、作者の代表作として長く愛されることと思います。

 まだ5月ですが、たぶんロリータ系としては今年最エロの作品になるはず。管理人超オススメ。

2008年05月10日|トップページへ個別記事

2008年4月「オナホール 初登校」「美〜ちく DISTANCE」

4月

☆「美〜ちく」DISTANCE

 この作品は待っていた人も多いんじゃないでしょうか。DISTANCEのコアマガジン初単行本です。

 これまでも、その絵のエロさには定評があったものの、トランスジェンダー物等、マニアックなストーリー設定が仇となってメジャーになりきれなかった作者ですが、「メガストアH」誌上に移ってから一変。

 一皮も二皮もむけた感じで、画力共々、素晴らしくエロ度がパワーアップしてます。特に挿入部分の表現のエロさは天下一品で、幼なじみとのエッチを描いた「エンゲージ×インサート」はここ数年で最も実用度の高い傑作の一つ。

サンプル画像

☆☆「初登校」トイズハート

 メーカーは違いますが、あの「名器の品格」の廉価版と言って良いと思います。この価格でこのクオリティ…しかもスパイラル加工ということで、回しても気持ちが良い。こんなホール初めて。

 リアルさでは「品格」に及ばないですが、気持ちよさという点ではこちらの方が上かも…。小振りな分、扱いやすい&洗いやすいのも良いですね。

 空気を抜いてのバキュームがある「セブンティーン」とは、まったく違う快感。現在、品薄状態が続いてますが、是非購入すべき一品です。
2008年04月12日|トップページへ個別記事

2008年3月「The Great Escape(2) カレンダー付限定版」

3月

☆「The Great Escape(2) カレンダー付限定版」尾崎未来

 殿堂入り作品「The Great Escape」の二冊目が、またしても限定版で登場。エロさに関しては今さら何も言うことはないんだけど、この限定版商法ってのはどうなんだろうか。

 エロゲーやアニメなら需要あるかもしれないけど、エロ漫画で限定版なんて誰も望んでないんじゃないかなぁ。しかもオナホや抱き枕カバーを付けるならまだしも、前回がシールで今回カレンダーって…。

 前作もすぐ品切れになって、普及版が出るまで何ヶ月もかかってたし、みすみす販売機会を失ってるだけな気がするんだけど。今回も同じ状況になるかもしれないので、購入する際はお早めに。

サンプル画像
2007年10月06日|トップページへ個別記事

2008年2月「超昂閃忍ハルカ」「しあわせなお姫さま」「独蛾」「隣のみなの先生(4)」

2月

◎「超昂閃忍ハルカ」アリスソフト

 エロについては申し分なし。ただ、シナリオがちょっと…出来の悪い少年漫画みたいなノリが個人的には受け付けられず、戦国ランスと違って何周もプレイしようという気にはなれませんでした。

 ゲーム性も、前作のエスカレイヤーから目立って進化してるとは言えず、戦国ランス大番長には遠く及ばない印象。

 何にせよ、アリス作品ではトップクラスのエロさなので、それ目的で購入するなら買って損はしません。あまり期待しすぎなければ、十分良作と呼べるレベルかと。あとちなみに、ナリカのフィギュアが出るらしいです。
超昂閃忍ハルカ
ダウンロード版

◎「しあわせなお姫さま」裸足少女

 前作「ハーレム×すくらっち」はキャラが多すぎて失敗してたけど、今作はキャラを絞っている分、ヒロインがきちんと掘り下げられており、愛のある調教物として十分オススメ出来る。

 もちろんシナリオやキャラは相変わらず淡泊な印象が拭えないんだけど、メーカーの売りである淫語も絶好調で、エロの濃さは素晴らしかった。

ダウンロード版

○「独蛾」月吉ヒロキ

 コミックLOが誇る黒タイツの鬼神、久々の降臨です。すごいエロい絵を描く方なんで注目はしてるんですけど、陵辱色が強いんで管理人的にはイマイチ…。でも、そっち系がお好きな方には非常にオススメです。

 さっきamazonランキングを覗いて見たら、前作の「夏蟲」とワンツー飾ってました。すごい人気だ。

○「隣のみなの先生(4)」MGジョー

 業界でも希有な長期連載作品の最終巻。正直、最後の方の暗い展開は個人的にはイマイチなんだけど、元々こういう作風の作者なんで仕方ないのかな…。

 出来れば、最後まで三姉妹とのラブラブ和姦を中心に組み立てて欲しかった。何にせよ、三巻まで読んで気に入っている人は購入して損はしません。
2007年10月05日|トップページへ個別記事

2008年1月「ご主人様だーいすき」

1月

○「ご主人様だーいすき」SCORE

 かつて「先生だ〜いすき」で業界を震撼させたロリブランド・SCOREから、三年ぶりに「だ〜いすき」シリーズが帰ってきました。濃厚なフェラ描写は未だに健在で、エロのみを求める方にはオススメです。

2007年10月04日|トップページへ個別記事

■おすすめアダルトグッズ > 管理人レビューはこちら

人気No.1オナホール

人気No.1ラブドール

おすすめローション

包茎矯正器具