2007年12月「おしえて!唯子先生」「SweetHome」「いとしのみゆ先生」「キャノン先生トばしすぎ」

☆ 2007年 エロかったものベスト3 ☆
2010 2009 2008 2007 2006 青春
■エロゲー
第1位うちの妹のばあい 純愛版イージーオー
第2位人工少女3イリュージョン3Dアニメ
第3位おしえて!唯子先生SQUEEZ幼児体型
■エロ漫画
第1位くすりゆびハニー井ノ本リカ子女子高生+許嫁
第2位ギリギリSisters如月群真女子高生+義妹
第3位いとしのみゆ先生いーむす・アキ幼児体型

☆ 2007年 月別レビュー ☆
12月
☆「おしえて!唯子先生」SQUEEZ
 テックアーツ系メーカーでは唯一「当たり」だと感じられた前作「瑞本つかさ先生の【エッチ】を覚える大人の性教育レッスン!!」。何と今回は、その前作で一際キャラが立ってた唯子先生にスポットが当てられました。

 今回も前作同様、性教育の授業を受けた後に実技(エッチ)という流れ。やはりこのコンセプトは素晴らしく、さらに進化した原画とアニメーションのエロさも相まって、非常に実用度の高い作品となっております。もちろんシーン数も豊富。

 授業内容はさすがに前作とかぶる部分も多かったですが、ラブホテル産業の売上等、けっこう驚かされる部分もありました。「ポリネシアンセックス」のみ前作の使い回しだったのが残念だけど、ヒロインのロリ体型に抵抗がなければ、鉄板で「買い」です。殿堂入り。

◎「SweetHome Hなお姉さんは好きですか?CODEPINK
 かの傑作「SEX FRIEND」を世に送り出したCODEPINKから久々の新作。今回は普通のADVのようで、「SEX FRIEND」や「MAID iN HEAVEN」みたいなゲームシステムを期待していると、肩すかしを食うことになりそうです。

 ただ、ライターが変わって不安だったテキストも悪くはなく、特にエッチシーンはなかなか良かった。シナリオは凡庸だけど、キリヤマ太一の描くCGは相変わらず最高だし、エッチシーンに関して言えば、十分に良作と呼べる出来映え。シーン数も豊富で言うことなし。

 個人的には「梨沙」と「真奈美」がお気に入り。攻略ページはこちら。
☆「いとしのみゆ先生」いーむす・アキ
 以前から雑誌で見てて、「こいつはエロい!」と思ってた作者の初単行本。個人的には妖怪発情期シリーズの方が好きなんで、そちらも早く発売して欲しいです。とにかく超オススメ。
☆「キャノン先生トばしすぎ 初回限定版」ゴージャス宝田
 エックスオーで連載され人気を博した、あの超ド級ロリ漫画がついに発売。しかも「初回限定版」と、出版社も気合い入りまくりのようです。

 この人の作品は何というか、作者の病的なところが見え隠れして(それが美点でもあるんだけど)、これまで敬遠しがちだったんですが、今回は割とライトな仕上がりですごい楽しめた。

 絵的には、同じくロリ系漫画家の甘詰留太によく似てます。抜群にエロく、上手い。今作がゴージャス宝田の出世作になると確信する。
2007年10月03日|トップページへ個別記事

2007年11月「こいびとどうしですることぜんぶ」「ぴんくぱんつぁー」「ぷりちち#01 白鳥天音」

11月
☆「人工少女3」イリュージョン
 前作である「人工少女2(2004)」を初めてプレイした時の衝撃は、今でも忘れられません。アニメタッチの「すくぅ~るメイト」シリーズもオススメですが、イリュージョン作品未経験の方は、まずこれから購入すべき。

 不満もあるけど、このクオリティの3DCGを自由自在にぐりぐり動かせるっていうのは、やっぱり面白い。同時期の3D作品では、テックアーツ3Dが2008年に発売した「3Dカスタム少女」もオススメ。

 個人的には「レイプレイ(2006)」も3Dゲームでは最高峰の出来映えでしたが、2009年に起きた海外の人権団体等の圧力により、現在は発売停止となってしまいました。残念無念。
○「こいびとどうしですることぜんぶ」シリウス
 このメーカーは昔すごい好きだったところ。シナリオ重視になってからはちょっと疎遠になってたんだけど、今回はタイトルにやられて久々に購入してみました。

 最初はヒロインの声というか、演技がイマイチに感じてたんだけど、プレイしていくうちに気にならなくなりました。エッチシーンの演技は良かったし、何よりミヤスリサのCGが素晴らしくエロい。

 これであと、テキストがもうちょっと濃ければなぁという感じ。ちなみにエッチは全てヒロインとの絡みのみ。シーンの数も多いし、ラブラブ和姦物が好きなら、買って損はしないと思います。攻略ページはこちら。
☆「ぴんくぱんつぁー」あかざわRED
 この人はデビュー以来、絵もネームもどんどん上手くなってきて、現在ではロリ系エロ漫画家の中では間違いなく五本の指に入るところまできたと思う。今月の中では一番のオススメ。

 「くぱぁりぞーと新装版」と同時発売。
2007年10月02日|トップページへ個別記事

2007年10月「うちの妹のばあい純愛版」「体育倉庫物語」他

10月
☆「うちの妹のばあい 純愛版」イージーオー
 あの伝説の妹ゲーが和姦オンリー物としてリメイクされ、帰ってきました。プレイして改めて思うけど、エッチシーンのテキストは秀逸。

 逆にCGの方は何というか、相変わらず「上手い」とか「エロい」とか、そういう類の絵ではないんだけど、それがテキストを際だたせてる面も大きいと思う。変に絵が完成されてたら、このエロさは生まれなかったろう。

 前作「幼なじみな彼女」にあったような怒濤の10連発シーンも追加して欲しかったけど(あれは凄かった…)、やはり良作は良作。数ある「妹ゲー」の中でも、最もエロい作品。攻略ページはこちら。
△「体育倉庫物語 〜幼性の夏休み〜」WestVision
 原画が玉姫金魚となっているけど、どう見てもさめだ小判なんで、別名義なのかな? 公開中の体験版をプレイしたら、なかなかエロかったので購入。してはみたんだけど…短い!

 一緒に買った「うちの妹のばあい純愛版」に比べたら、三分の一以下のボリュームしかないんじゃないだろうか。

 絵はもちろん綺麗でいいんだけど…うーん、「うちの妹〜」が良かったからかな。先にプレイしたあっちと比べちゃうと、あんまりエロさも感じなかったしシナリオの薄さも際だって、どーにもこーにも、褒め方が思いつかない。駄作というほどではないんだけど。攻略ページはこちら。
○「お嬢様をいいなりにするゲーム」アリスソフト
 うーん…絵柄が好きなんで期待してたんだけど、エッチシーンは短いしゲーム部分も別に面白くないし…。個人的には「だぶる先生らいふ」よりは好きだけど、いまいちオススメしにくい出来かな。

 ただ、価格が安いんで、損した感じだけはあまりしません。攻略ページはこちら。
2007年10月01日|トップページへ個別記事

2007年9月「艶女医」「隣のみなの先生(3)」「いぬみみずかん」「Beastie Girls」

9月
○「艶女医」アトリエかぐや
 エロだけが売りのメーカーから脱皮しようと、あがき続ける「アトリエかぐや」の最新作。簡単だったんで、今回は何となく攻略ページも作ってみました。

 かぐや作品は飽きが早いから、プレイする度に「もう卒業しよう」と思うんだけど、昔世話になった手前、やっぱり期待してまた買っちゃう。でも、次はどうしよう…。初めてエロゲーをプレイするような人は満足すると思うけど、うーん…。

 最近はエッチシーンとかこなれすぎちゃって、もう何の新鮮味もないというか…かといってRPGとか作られても困っちゃうしなぁ。結局「シナリオ」をどうにかしなきゃ、このままトラヴュランスみたいなメーカーとして消えていくかもしれない。
☆「隣のみなの先生(3)」MGジョー
 とうとう三巻目に突入した今回は、三姉妹の末妹「ひなの」が表紙。相変わらずの安定感で、いまさら言うことは何もないです。

 一、二巻を持ってる人は間違いなく買いだし、持ってない人は三冊まとめて買うべき。

 三姉妹とのハーレム物って、エロマンガの定番で、昔から使い古されてる設定なんだけど、やっぱり良いものは良いなぁ…。最近も、すめらぎ琥珀の「Sweet3 Room」とかあったけど、あれも良かった。
◎「いぬみみずかん」いぬぶろ
 快楽天で3年にも渡り連載されてきた「いぬみみっ娘」漫画がついに単行本化!

 誌面では毎回ちょこっとしか載ってなくて、もっとページ増やしてくれないかなぁ…なんて思ってたんだけど、この「ちょこっと」ってのが何かいいんでしょうね。基本コメディで、作風は北河トウタに近いかもしれない。

 また、この人はカラーページの描き方がすごい上手いんだけど、今回それも完全収録ということで、ファンにはうれしい作りになってます。
○「Beastie Girls」さめだ小判
 その圧倒的実力で早くも掲載紙の表紙まで担当しているスーパールーキー…とか思っていたら、どうも元々はエロゲーの原画とかをしてた方みたいです。そりゃ、ぽっと出でこの画力はありえないか…。

 初単行本となる今作ですが、今や押しも押されもせぬ快楽天BEASTの看板作家として、本のタイトルにもBEASTを入れる気合いの入りっぷり。

 この月別レビューで紹介してる作品の中では、エロ度では下の方かもしれないけど、100%売れると思う。
○「ダブルリップ」鰻丸
 この方もこれが初単行本。他所のレビューでフェラシーンのエロさが素晴らしいと聞き及び、期待して購入してみたんですが…ここ最近の新人と比べちゃうと、ちょっと物足りないかな。

 もちろん、ここで紹介したくなるくらいだから、業界の平均値よりは明らかにエロいんですけど。ここ数ヶ月に本を出した新人のレベルが高すぎるから、どうしても霞んで見えちゃう。

 ただ、初めて見たときはDISTANCEと勘違いしたくらいなので、ムッチリした絵が好きな方にはオススメしたい。
2007年09月30日|トップページへ個別記事

2007年8月「くすりゆびハニー」「ギリギリSisters」「乙女の恋愛情事」

8月
☆☆☆「くすりゆびハニー」井ノ本リカ子
 一時、エロ漫画を離れてマイナーな一般紙で連載していたらしいけど、めでたく戻ってきてくれました。殿堂の方でも書きましたが、井ノ本リカ子作品のエロさというのは、他の作家のそれとは次元が異なる。

 今回は「プリティ・サイズ」以来の長編物も収録されていて、彼女の最高傑作になったと感じた。未体験の方は、是非一読をオススメしたい。

 ちなみに、相方BENNY'Sによる新作「こいねえ」と同時発売。また、新装版として「こいするからだ」と「らぶねえ」も再販されてます。

☆「ギリギリSisters」如月群真

 前作「Love Selection」で衝撃のデビューを果たして一年。当時はまだ陵辱物もよく描いたりして、ムラも多かったが、最近は方向性が定まったのか、和姦一本にシフトしてきた。

 すでに完全無欠のエロ漫画家として、この作品で確固たる地位を築いたんじゃないかと思います。
◎「乙女の恋愛情事」木谷椎
 「あれっ? こんなにエロかったっけ?」というのが本を読んでの第一印象。雑誌で何度か見かけた時は、「絵は上手いけどイマイチだなぁ」とか思ってたんだけど、冒頭の作品が非常にエロくて、ちょっと見直しました。

 もちろん初単行本だから、まだまだ作品毎のムラも多いんだけど、業界では希有と言える「萌え」系の絵で、いずれは「」のようにブレイクすると思う。
◎「コミック・ホットミルク vol.1」コアマガジン
 メガストア等、多くの成年雑誌を刊行するコアマガジンから、新しく創刊された(以前に同名の雑誌があったから復刊?)雑誌の第一号。隔月刊行。

 主な執筆陣は、如月群真、鬼ノ仁、ヤスイリオスケ、石恵、松本ドリル研究所…と、かなり気合いが入っており、中でも、如月、鬼ノ仁、松本の三氏は連載物なので、今後も掲載が確実です。

 amazonでは早くも売り切れっぽく、今後、業界のトップに躍り出るかも。
2007年09月28日|トップページへ個別記事

2007年7月「水着彼女」

7月
◎「水着彼女」ぼっしぃ
 表紙のエロさが尋常じゃないんですが……ご安心あれ。中身もしっかりエロいです。最近は同人業界からのデビューが多いせいでしょうか、これまた初単行本とは思えないクオリティの高さ。

 特にカラー漫画のエロさでは、鳴子ハナハル、石恵の両者に次ぐと言っていいと思う。今月唯一の推奨作品。
2007年09月28日|トップページへ個別記事

2007年6月「わすれな(2)ハイグレード版」「シャイニング娘。(6) Rainbow Six」

6月
◎「わすれな(2)ハイグレード版」ゼロの者
 ゼロの者作品は、陵辱モノや暗い話が多くて個人的には敬遠しがちだったんだけど、この「わすれな」に関しては鉄板でオススメできる。

 内容は近親相姦物で相変わらず暗いんだけど、とにかくエッチシーンの描写が素晴らしい。

 CGを使用した肉感的な表現にも、ますます磨きがかかってきた。もうベテランにも関わらず、成長を続ける作者の今後に、これからも注目していきたい。

△「シャイニング娘。(6) Rainbow Six」師走の翁

 こっちもこれで完結?なのかな。本作に限らず、作者の長編作品は、絵はめちゃめちゃエロいのに不出来なストーリーがそれを殺してしまっている気がする。非常にもったいない。

 はっきり言って、最終話の度重なる掲載延期のため、繋ぎで始めたと思われる短編連作「『娘。』のいる風俗ビル」の方がよほどエロいので、今後は是非、長編よりこうした形で作品を発表していって欲しい。

 他、今月はみた森たつや「ご近所のもんすたあ」もオススメ。
2007年08月29日|トップページへ個別記事

2007年5月「すくぅ〜るメイト」「初犬(2)」「大妹」

5月
☆☆「すくぅ〜るメイト」イリュージョン
 これはもう、名実共に3Dゲームの最高峰じゃないだろうか。アニメ絵チックな3Dが見事。イリュージョン作品を未経験の人は、まずこれから購入すべき。殿堂入り。
◎「初犬(2)」犬
 デビュー作「初犬」より、確実にエロくなっている。まあ、「ストレンジ・カインド・オブ・ウーマン」シリーズ以外の読み切り作品については、まだまだという感じが否めないが、今後どこまで成長するのか非常に楽しみ。

 ちなみに、「初犬OVA」も同時発売されました。

○「大妹」和六里ハル

 化けたな、という印象。前々から「絵は上手いんだけど、いまいちエロくないなぁ…」と思ってたんだけど、この作品で何か掴んだのか、見違えるほど良くなった。

 背の高い妹とチビの兄貴という、面白いけどエロマンガ的には難しい設定も上手く料理されている。これまた、今後がすごく楽しみな作家。
2007年08月29日|トップページへ個別記事

2007年4月「ぷらいまり」

4月
☆☆「ラブボディー・リサ(risa)」A-ONE 公式サイト


 殿堂入り。

 詳しくは「管理人愛用品」で。
◎「ぷらいまり」緋鍵龍彦
 「COMIC LO」より、緋鍵龍彦の初単行本。ちょっとペド気味の作風だけど、エロさといい、可愛さといい、新人とは思えない抜群の上手さ。

 成長速度も速く、佐々原憂樹やあかざわREDと肩を並べる日も近いのではないだろうか。要注目。
2007年08月29日|トップページへ個別記事

2007年3月「リゾートBOIN」

3月
◎「リゾートBOIN」クロスネット
 「メンズヤング」の表紙でもおなじみ、八方備仁氏による絵が素晴らしい!

 同じメーカーの作品では「Maple Colors」が有名ですが、エロ目的で選ぶなら、間違いなく本作の方がオススメ。また声優の演技も上手くてそそります。不作の今月、唯一のヒット。
2007年08月29日|トップページへ個別記事

2007年2月「幼なじみと甘〜くエッチに過ごす方法」「メタモフィギュア」

2月
◎「幼なじみと甘〜くエッチに過ごす方法」アトリエかぐや
 購買層を広げるためなのか、どんなエロゲーでも、たいてい一人くらいは「いらねーよコイツ!」っていう年上キャラがねじこまれてるもんですが、この作品は全キャラ「幼なじみ」で「ロリ」という申し分ない布陣。

 おまけにかぐや作品の中でも屈指のエロさときたら、プレイしないわけにはいかないでしょう。BYチームの最高傑作と言っていいと思う。

 ただ、このチームは何作か前から「部分アニメ」を採用してるけど、あれはまだまだ、いまいちな感じがするなぁ。ないよりはマシだけど。今後の進化に期待したい。
◎メタモフィギュア「惣流・アスカ・ラングレー」
 触って温めると服がスケスケになるという、面白い発想の温感フィギュア。五月には第二弾として「涼宮ハルヒ(バニーVer.)」も発売された。
2007年08月29日|トップページへ個別記事

2007年1月「恋姫†無双」「ハーレム×すくらっち」「ワン・ホット・ミニット」

1月
○「恋姫†無双 〜ドキッ☆乙女だらけの三国志演義〜」BaseSon
 大方の予想通り、ゲーム部分はぶっちゃけアレでしたね。三国志っていう設定を強調するためだけにおざなりに作ったとしか思えない出来映え。戦国ランスの後にプレイすると、なおさらちょっと…。

 また、ストーリーですが、三国志に興味がないからなのか、私はあまり楽しめなかったです。ただ、エロは良かった。何と言ってもCGが綺麗。

 シーン数も多く、この部分に関しては満足できました。特にフェラシーンにこだわりを感じ、そっち目的であれば買って損はないと思います。

ダウンロード版
△「ハーレム×すくらっち」裸足少女
 やっぱり「ハーレムって難しいなぁ…」というのが第一印象。元々キャラ作りやシナリオが上手いメーカーではないから、人数が増えると余計に淡泊に感じるというか。

 シチュエーション的にグッとくるものがなかった。そういう意味では「オシオキSweetie」の方がずっと良かったと思う。

 エッチシーンに関しては本当にもう完成されてて、文句のつけようがないんだけどなぁ…。別によそのメーカーと張り合う必要はないと思うんだけど、あと少しキャラとシナリオに感情移入できるようになれば、格段にエロ度は増すはず。

ダウンロード版
◎「ワン・ホット・ミニット」鬼束直
 「COMIC LO」連載陣の中では一番お気に入り!な、鬼束直の最新作。また一段と上手くなって…ロリ好きにはたまらない一冊となっております。

 この人の場合、絵的には割と平坦な印象なんだけど、ネームが上手くて読んでて非常に興奮します。
2007年08月29日|トップページへ個別記事

■おすすめアダルトグッズ > 管理人レビューはこちら

人気No.1オナホール

人気No.1ラブドール

おすすめローション

包茎矯正器具