2009年 エロかったものベスト3

☆ 2009年 エロかったものベスト3 ☆
2010 2009 2008 2007 2006 青春
■エロゲー
第1位嘘デレ!脳内彼女ADV
第2位シスターまじっく!脳内彼女ADV
第3位LOVE×EVOLUTIONevee2Dアニメ
■エロ漫画
第1位JCエッチ師走の翁制服
第2位SHY GIRL井ノ本リカ子巨乳
第3位HHH トリプルエッチDISTANCEむちむち
2009年12月21日|トップページへ個別記事

嘘デレ! レビュー

12月 2009年2008年2007年2006年

☆☆「嘘デレ!」脳内彼女

 いや、エロかった。ストーリーもなかなかボリュームがあって良かったんですが、このメーカーは何と言ってもテキストのエロさが半端ない。声優さんの演技も見事で、ボイスだけでも抜けます。

 絵の方もだんだん洗練されてきたと思うけど、売上の方はどうなんだろうなぁ。イージーオーなき今、抜きゲーメーカーとしては群を抜いて好きなんですが…。

 毎回、オナホールを使ったシチュを取り入れてくれるのも、ホール愛好家としてうれしい限り。今後も応援していきたいです。
「嘘デレ!」脳内彼女
ダウンロード版
2009年12月21日|トップページへ個別記事

アリス2010 レビュー

◎「アリス2010」アリスソフト

◎ランス02 −反逆の少女たち−
 事前に旧版の「ランス2」をプレイしてたから、CGと音楽の進化に感動してしまった。システムもストーリーも確かに焼き直しでしかないけれど、細かいところがプレイしやすくなってます。
 旧版の方は「アリスソフトアーカイブズ」さんで配布されてるので、比べてみるのも一興かと。まだ若いマリアや志津香が可愛いです。

◎はるうられ 校内赤線区域
 ダークな設定と絶妙の難易度が見事。予想外の面白さで、何周も繰り返し遊べる作品になってます。ボリューム増やして、是非フルプライスで出して欲しい。

☆わいどにょ
 「ままにょにょ」をワイド画面にして、キャラを増やした難度強化版。元が名作なんで、やっぱり面白い。暇つぶしには持ってこいのお手軽戦略SLGです。

○その他
 他は本当におまけ程度だけど、サントラは嬉しかったですね。「ハルカ」や「ばにしゅ!」の外伝は同人だったら1000円程度のボリューム。ハニホンはフルカラーで豪華なファンブックという感じ。

 とにかく、ファンディスクとしては十分すぎるボリュームだと思います。ただ、次の大作「大帝国」のデモが収録されてたんですが、ランス8はどうなったんだろう…。
2009年12月21日|トップページへ個別記事

忍流 レビュー

○「忍流」ソフトハウスキャラ

 うーん、前作の「DAISOUNAN」よりは面白いんだけど…周回プレイする気があまり起きない。毎回毎回、新しいシステムを構築するのは良いんだけど、その多くが中途半端な気がする。

 アリスソフトみたいに、そろそろ一つのシステムを洗練していくことも考えた方が良いんじゃないかなぁ。「ウィザーズクライマー」とか「巣作りドラゴン」とか、評価の高い作品があるわけだから。

 新しいものを作ってる方が楽しいのは分かるんだけど、もったいない気がします。ていうかamazonみたら「巣作りドラゴン」めっちゃプレミア付いてるんですね…ビックリ。
2009年12月21日|トップページへ個別記事

微少女 レビュー

◎「微少女」たぬきそふと

 前作「姪少女」のように主人公が変態すぎず、学園ものということもあって、今回はすんなり入り込めたのが良かったです。

 ちょっと地の文が多すぎるのかな? Hシーンのテキストにはまだ不満もあるけど、使えるシーンがけっこうありました。あとは余計なシーンにCGを割いたりせず、もっとエロに注力してくれたら…。

 キャラクターもみんな良かったし、抜きゲーとしては十分合格なんだけど、何か物足りない気もする。個人的には昔のRUNEみたいに、もっとラブラブな感じのストーリーを期待してるんですけど。
2009年12月21日|トップページへ個別記事

「HHH トリプルエッチ」DISTANCE レビュー

☆「HHH トリプルエッチ」DISTANCE

 表題作「HHH トリプルエッチ」シリーズを収録した、むちむち系最強作家の最新作。しかし作者は、やっぱり年上のキツめの女性が好きなんでしょうね。

 管理人としては、父娘物の「娘と父の約束。」や、「ピーチてんぷてーしょん!」の方が好きなんで、そっち系をもっと描いて欲しいんですが。いずれにせよ今作もレベルが高く、オススメです。

 作者ブログによると次回はヤングエースに連載するそうで…。筆が速い方でもないんで、成年誌はおそらくお休みでしょうね。うーん、またしてもエロ漫画界の至宝が流出してしまった。

 角川もなぁ…そんなにエロ漫画家を評価してくれるなら、成年誌の一つも立ち上げて自分で育てたらいいのに。やっぱり、エロ漫画より中高生向けのエロコメの方が売れるのかなぁ。残念。
2009年12月08日|トップページへ個別記事

「たいへんよくできました?」大和川 レビュー

◎「たいへんよくできました?」大和川

 管理人は作者のことを前作の「たゆたゆ」で初めて知ったんですが、まだこんな上手いエロ漫画家がいたのかとビックリした覚えがあります。

 まあ、「たゆたゆ」以前は上手い割りに、エロはちょっと薄い部分もあったりしたんだけど、今作に収録されてる表題作「たいへんよくできました?」は秀逸。全3話なのが惜しい。もっと読みたかったです。

 あと今作は古めの作品も収録されてるんだけど、昔から上手かったんだなぁ。あとはこの画力をもう少しエロに直結させることが出来れば、言うことはないんですが…。
2009年12月08日|トップページへ個別記事

まだ名前がありません レビュー

☆☆☆「まだ名前がありません」NLS

 とにかく半端じゃない柔らかさ。普通、これだけ柔らかい素材のオナホールだと刺激が弱すぎて気持ちよくなかったりするんですが、これは内部構造のおかげかな…空気を抜いてのバキュームもあいまって、アソコに吸い付く感じがたまりません。

 1ヶ月ほど管理人が使ってきた結果、気がつくと常用ホールと化していました。最近では「セブンティーン エボリューション」と交互に使ってます。

 トイズハートとの共同制作ということで、これもまた「セブンティーン」の進化系といって良いでしょう。商品名もパッケージもまだ決まっていませんが、間違いなく歴史に残る傑作。

2009年12月01日|トップページへ個別記事

アトリの空と真鍮の月 レビュー

11月 2009年2008年2007年2006年

◎「アトリの空と真鍮の月」TOPCAT

 9年前に発売され、先月リメイクされたばかりの「果てしなく青い、この空の下で…。」の続編に当たる本作。

 リメイクされた前作の方は、もともと音声がなかったのでエロは薄いままだったんですが、今作は声が入ることを意識してテキストを書いたとライターも言っている通り、エロもしっかり使えるものになってました。

 テキスト量もかなりのもので、結構長い間遊べると思います。内容も面白かったんですが、ただ…前作では全編通して地に足が付いてたというか、最後まで現実感を感じさせてくれるストーリーだったんですけど、今作は終盤の展開がちょっと…。

 伝奇色が強いと言ったらいいのか、まあ、派手にしたかったのは分かるんですが、これは少しやりすぎかと。文乃エンドも意味が分からないし、分岐が単純で攻略しがいがなかったのも残念。
2009年11月29日|トップページへ個別記事

果てしなく青い、この空の下で…。[完全版]」 レビュー

10月 2009年2008年2007年2006年

☆「果てしなく青い、この空の下で…。[完全版]」TOPCAT

 今や「LO」の表紙でお馴染み、たかみち氏の原画と秀逸なシナリオ、音楽が話題となった名作伝奇サウンドノベルを、ボイス付きでリメイクした本作。これほど完成されたサウンドノベルもなかなかないんじゃないでしょうか。

 9年前の作品にも関わらず、まったく古臭さを感じない。特に音楽は必聴で、一般のTVゲームを含めてもゲーム音楽でここまで感動したことはそうありません。体験版で確かめてみてください。

 おまけシナリオに堀田の後日談「男達の憂鬱」が追加されたくらいで、内容はまったく一緒なので、旧版をプレイしているなら買わなくてもいいかもしれませんが、未プレイの方には是非オススメ。

 11月発売の新作「アトリの空と真鍮の月」とも関連があるようなので、事前にプレイしておいた方が楽しめるかもしれません。

2009年11月02日|トップページへ個別記事

「JCエッチ」師走の翁

☆☆「JCエッチ」師走の翁

 元々圧倒的な才能・実績を持ちながら、6年に渡る「シャイニング娘。」シリーズでの行き過ぎたストーリー展開、乱交描写でファン離れを起こしてしまった感のあるベテラン作家が…ついに覚醒。

 「何故ラブラブ和姦を描かない!」という私の心の声が届いたかのように、今作は大満足の出来映えでした。

 中でも女子中○生3人とのエッチ三昧の日々を描いた「HHH(トリプルエッチ)」シリーズは、エロ漫画史上屈指のエロさ。生まれ変わった師走の翁に拍手を送りたい。抜けます。
2009年09月26日|トップページへ個別記事

LOVE×EVOLUTION レビュー

9月 2009年2008年2007年2006年

☆「LOVE×EVOLUTION」evee

 有名同人メーカーSLAVEの海老名総一が立ち上げた新規ブランドによる、商業進出第一弾。同人時代の名作「ハード☆ラヴ☆ライフ」を完全リメイクしたもので、AfterEffectsを利用した2Dアニメーションは、やはり最高にエロい。

 作業的なゲーム部分、同人レベルのシステム・シナリオ等、いろいろ不満はあるけど、とりあえず2Dエロゲーにはまだまだ進化の余地があることを、この作品で証明してくれたと思う。

 この人の同人作品では「東京ラバー」が個人的には一番エロかったけど、ボリューム的にはエッチシーンのカットだけであの3~4倍。モーションの数でいえばもっとある印象。

 また、マウスでタッチして女の子とコミュニケーションがとれるという点では、今話題の「ラブプラス」とも通じる部分があるかも。

 こういうグラフィックにタッチするのって、昔「きゃんきゃんバニー」とかでよくやってたと思うんだけど、何で廃れちゃったんだろう。3D系メーカーがやってるといえばやってるけど…これを機にまた流行ってくれるとうれしい。

 来年には「陽射しの中のリアル」の作者も「乙女ファンクション」で商業デビューするし、こういう人たちがどんどん売れてくれれば、業界ももっと盛り上がるんじゃないかな。

関連記事
LOVE×EVOLUTION 攻略
LOVE×EVOLUTION
ダウンロード版



2009年09月20日|トップページへ個別記事

「SHY GIRL」井ノ本リカ子

☆☆「SHY GIRL」井ノ本リカ子

 井ノ本作品と言うことで当然オススメなんですが…前作からの若干のパワーダウンは否めない。というのも、作者は現在WEBコミックハイ!という無料WEBマガジンで「いなかの」という一般作品を連載中。

 以前、一般誌で連載していたときはポプリクラブの方は休載していたので、今回は同時進行な分マシとはいえ…。

 「いなかの」の連載がなければ…あっちのキャラをエロ漫画に流用していれば…今作はもっともっとエロい素晴らしい作品になったんじゃないか。そう思わないではいられない。あと成年誌でも、そろそろまた長編作品を描いて欲しいですね。

 ところで最近、マックスと茜新社がやけにダウンロード販売に積極的で、絶版になった井ノ本リカ子の名作「プリティサイズ」や、東山翔の「Gift」など比較的新しい作品も販売されてます。ようやくラインナップが充実してきた感じ。

ダウンロード版
2009年09月18日|トップページへ個別記事

「裏山のひみつ基地」嶺本八美

◎「裏山のひみつ基地」嶺本八美

 個人的には今作に収録されてる「猫の集会」シリーズがすごい好きなんですけど、それ以外は殺伐としてるっていうか何というか。ラブラブ度が低い作品が多いのがちょっと…。

 最近は一冊の中にラブラブあり、陵辱あり、みたいな作品って減ってますよね。まあ、陵辱自体が描きづらい世の中になってきたせいもあるんだろうけど、やっぱり単行本毎にカラーは統一して欲しい。

 嶺本八美は好きな作家なんで、ラブラブに専念してくれれば、すごいありがたいです。

ダウンロード版
2009年09月18日|トップページへ個別記事

「自動ポルノ」魔訶不思議

○「自動ポルノ」魔訶不思議

 この作家は管理人が中学生くらいの頃から一線で活躍してた人で、何年かしばらく見かけないなぁと思ってたら、阿吽でいつの間にか復活してたんですけど。

 これだけのベテランで、これだけエロい漫画が描ける人って、いま他にいないんじゃないですかね。絵柄が時代遅れといえばそうかもしれないけど、その古い絵柄のまま、現代でも通じるエロさを物にしてる感じ。

 世代によってはノスタルジーも手伝って、すこぶるエロく感じられると思います。
2009年09月18日|トップページへ個別記事

■おすすめアダルトグッズ > 管理人レビューはこちら

人気No.1オナホール

人気No.1ラブドール

おすすめローション

包茎矯正器具