1980年代のエロ漫画 みやすのんき やるっきゃ騎士 弓月光 今西まさお 岡崎つぐお あさいもとゆき

■みやすのんき 弓月光 今西まさお 岡崎つぐお あさいもとゆき

 一方の月ジャンでは、ロリコン漫画誌出身のみやすのんきやるっきゃ騎士」が、アニメ調の作画で人気を博しました。序盤は絵が雑ですが、乳首を弄ったりアソコを舐めたり、過激度では80年代トップクラス。

 特に成年誌レベルの乳首の描き込みは衝撃的ですが、ただ、層の厚い月マガ連載陣を圧倒するには到らず。現在はプレミアが付いてることもあり、青年誌で描かれた「冒険してもいい頃」から読んだ方が良い。

 なので、入手しやすいところでは、弓月光ボクの婚約者」の方がオススメかな。ラブコメ寄りの内容でエロは薄いかもしれませんが、80年代のエロコメでは話が一番まとまってます。

 他、高額プレミアが付いている今西まさおどっきりマイクローン」なんかもありますが、この辺はちょっと手が出ないところ。あろひろし優&魅衣」は全裸が出てくるだけで、ただのギャグ漫画でした。

 ちなみに小学館には、当時まともなエロコメがなく、この手の話題で多少名前が挙がるのが、週刊少年サンデーの岡崎つぐおどきどきハートビート」くらいなんですが…読んだら、全然エロくなかった。

 後に成年誌に行くあさいもとゆき(浅井裕)も児童向けのコロコロコミックで「ファミコンロッキー」というパンチラ満載の作品を描いてますが、これもサービスシーンが多いという程度で、エロ漫画とは呼べません。

「やるっきゃ騎士」みやすのんき
ダウンロード版
「ボクの婚約者」弓月光

みやすのんき
「やるっきゃ騎士」より

みやすのんき
「やるっきゃ騎士」より

みやすのんき
「やるっきゃ騎士」より

弓月光
「ボクの婚約者」より

岡崎つぐお
「どきどきハートビート」より

あさいもとゆき
「ファミコンロッキー」より
2012年11月19日|トップページへ個別記事

1980年代のエロ漫画 遠山光 中西やすひろ 村生ミオ 荒川貴史 井沢まさみ

■遠山光 中西やすひろ 村生ミオ 荒川貴史 井沢まさみ

 他、この時期の月マガを代表する作品といえば、遠山光ハートキャッチいずみちゃん」と中西やすひろOh!透明人間」。80年代の典型的なエロコメスタイルを確立させたのが、この2作品でした。

 両作とも序盤はイマイチで、中盤からエロくなってくるんですが…特に「いずみちゃん」はフランス書院コミック文庫で復刻されるなど、少年漫画としては異例の扱いを受け、現在はプレミアが付いてます。

 ピークは7巻8巻あたりなので、そこだけ読むのもありかな。「透明人間」もやはり終盤がエロいんですが、7巻でのヒロインが胸を揉まれながら主人公のアソコをこねまくるシーンなんて、今じゃ考えられない。

 どちらも一話完結で主人公が女の子にイタズラしまくるだけなので、どこから読んでも変わりません。2人とも、後に青年誌でセックスありの作品を描いたりしてますが、やはりこの時期が一番輝いてた印象。

 他、それまでもラブコメ作家としてはフェロモンを感じさせる描写が多かった村生ミオの貴重なエロコメ作品「ラブアタック5対1」や、荒川貴史マイクロボーイ」なんかも読みましたが…この辺はイマイチ。

 あと、週マガ連載ですが、井沢まさみどっきんロリポップ」もプレミアが付いてることで有名。超能力を持ったヒロインがテレポートする度に全裸になるだけなんですが、丸みを帯びたロリ体型は魅力的でした。

「ハートキャッチいずみちゃん」遠山光
ダウンロード版
「Oh!透明人間」中西やすひろ
ダウンロード版

遠山光
「ハートキャッチいずみちゃん」

遠山光
「ハートキャッチいずみちゃん」

遠山光
「おてやわらかにぴんく!!」より

中西やすひろ
「Oh!透明人間」より

村生ミオ
「ラブアタック5対1」より

井沢まさみ
「どっきんロリポップ」より
2012年11月14日|トップページへ個別記事

1980年代のエロ漫画 川原正敏 パラダイス学園

■川原正敏

 80年代も中頃に入ると、講談社vs集英社の月刊誌エロコメ戦争が勃発。中でこの時期、異彩を放っていたのが…月マガで連載された少年誌史上屈指のロリコン漫画、川原正敏パラダイス学園」です。

 冒頭いきなり主人公にアソコを見られるわ、全校生徒の前で失禁するわ、豚に裸を舐めまわされるわ…特に、クラスメイトによるヒロインに対する辱めは、ほぼレイプ未遂にしか見えない生々しさがあった。

 全3巻で入手しやすい割には適度なプレミア感もあり、80年代ではかなりオススメ。「修羅の門」等は電子書籍化されてるのに、これがまだというのは、もしかすると作者の中で黒歴史化してるのかもしれません。

「パラダイス学園」川原正敏

川原正敏
「パラダイス学園」より

川原正敏
「パラダイス学園」より

川原正敏
「パラダイス学園」より
2012年11月13日|トップページへ個別記事

1970年代のエロ漫画(少年誌)

1970年代のエロ漫画(少年誌)

 昭和四十二、三年頃、いちじ、「子どもの性教育」について、いろいろさわがれた時期があります。
 NHKなんかでも、その特集がくまれるし、雑誌ではにぎやかに、その論争がくりかえされました。
 すこしまえに、永井豪さんがれいの「ハレンチ学園」で、少年漫画にお色気をもりこみました。
 ある程度のセクシーな画は、おとながどういおうと、子どもたちはもうあたりまえにうけつけるようになってきていました。いや、むしろ、大学生や高校生が、そういうものをもとめて少年週刊誌を読むという、おかしな時代になってきていました。

手塚治虫「アポロの歌」文庫版あとがきより抜粋

...続きを読む
2012年11月12日|トップページへ個別記事

1980年代のエロ漫画 よしかわ進 おじゃまユーレイくん

■よしかわ進

 よしかわ進おじゃまユーレイくん」は80年代初期に「コロコロコミック」で連載された児童向けエロコメ作品。現在はプレミアが付いてますが、絵柄が好みだったので読んでみたところ…。

 死んで幽霊になってしまった主人公が、女の子に乗り移ったりエッチなイタズラをしまくるという内容で、シチュエーション的なエロさはなかなかのもの。両親との「ほろり」とするエピソードも良かったですね。

 ちなみに作者は永井豪ダイナミックプロ出身。同時期に「てれびくん」で連載された性転換モノ「ヒロインくん」も、多少プレミアが付いてます。価格的にオススメはしにくいですが、児童漫画ではお気に入り。

「おじゃまユーレイくん」よしかわ進

よしかわ進
「おじゃまユーレイくん」より

よしかわ進
「おじゃまユーレイくん」より

よしかわ進
「おじゃまユーレイくん」より
2012年11月12日|トップページへ個別記事

1970年代のエロ漫画 永井豪 あばしり一家 けっこう仮面 イヤハヤ南友

■永井豪

 劇画を含めれば貸本時代まで遡れるんでしょうが、おそらく私を含め、一般の人間が興味を持てる最古のエロ漫画といえば、1968年から週刊少年ジャンプに連載された永井豪ハレンチ学園」だと思います。

 ただ、これは作者デビュー直後の作品で拙い部分も多く、官能的な裸体描写を初めて少年誌に持ち込んだという歴史的価値はあるものの…今あえて読む価値があるかというと、かなり微妙。

 少なくとも、最初に手を出すべき永井作品ではありません。なので、初期においては同時期に週刊少年チャンピオンで連載された「あばしり一家」を強くオススメしておきたい。

 エロ描写はまだ大したことないですが、作品全体がエネルギーに満ちてるというか…エロありギャグありバトルありと、何でもありのハチャメチャぶりが凄い。中編集的な構成で、話がしっかりしてるのも良かった。

 エロ漫画家としての最盛期は70年代中盤…特に「けっこう仮面」が最高傑作だと思いますが、これは「おっぴろげジャンプ」や「窒息オマンコじめ」を駆使して正義を執行する、とんでもないヒーロー漫画でした。

 冒頭、逆さ吊りにされた少女の失禁シーンに始まり、今の少年誌ではあり得ない展開の数々。70年代のエロスを味わいたいなら、何を差し置いても読んでおくべき作品で、月刊少年ジャンプに連載されました。

 また、週マガに連載された「イヤハヤ南友」も、終盤の浣腸対決等、過激な描写とシュールなギャグで有名な作品。作中に登場する「弁天ゆり」は、永井作品歴代でも屈指の萌えキャラだったと思う。

 アニメ化された「ドロロンえん魔くん」や「キューティーハニー」は個人的にイマイチですが…まー、とにかくこの時代、少年達の性欲を一手に引き受けていたと言っても過言ではない、凄まじい活躍振り。

 一方で、同時期に「デビルマン」などシリアス系でも名作を残してるわけですからね。その幅広い作風は、作者が手塚治虫以来の天才と呼ばれる所以かと。

「あばしり一家」永井豪
ダウンロード版
「けっこう仮面」永井豪
ダウンロード版
「イヤハヤ南友」永井豪
ダウンロード版

永井豪
「けっこう仮面」より

永井豪
「けっこう仮面」より

永井豪
「けっこう仮面」より

永井豪
「あばしり一家」より

永井豪
「イヤハヤ南友」より

永井豪
「ドロロンえん魔くん」より
2012年11月11日|トップページへ個別記事

1990年代のエロ漫画(青年誌)

1990年代のエロ漫画(青年誌)

 でも……でも私、恐ろしかったんです。私も本物の女王様のつもりでした。だけど、あなたは本物以上のドレイでした。このままだと仕事を超えて、あなたを殺してしまうことになると思ったんです。本当に怖かったんです。
 止まらない自分が恐ろしかった。そしてそれを全部、受け入れるあなたがもっと恐ろしかったんです。

山本直樹「フラグメンツ機彈録「夕方のおともだち」より

...続きを読む
2012年11月09日|トップページへ個別記事

1990年代のエロ漫画 克・亜樹 ふたりエッチ

■克・亜樹

 エロ漫画としては異例の長期連載作、克・亜樹ふたりエッチ」が開始したのが97年。中高生向けエロ漫画としては、当時から非常に完成されてました。HowTo作品としては今でも優秀だと思います。

 ただ、私も高校時代に集めてましたが、この作品をオカズに使ってた記憶はあまりない。やはりエロの薄さはどうしようもありませんね。基本、優良さんとのラブラブ新婚生活を楽しむ作品かと。

 累計発行部数は何と2000万部を超えてるそうで…確かに学生でも買いやすい表紙だもんなぁ。この時期の作品としては、成年誌連載の「ハーレム革命」が短くまとまってるので、そちらもオススメかな。

「ふたりエッチ」克・亜樹
ダウンロード版

克・亜樹
「ふたりエッチ」より

克・亜樹
「ふたりエッチ」より

克・亜樹
「ふたりエッチ」より
2012年11月09日|トップページへ個別記事

1990年代のエロ漫画 江川達也 東京大学物語 GOLDEN BOY

■江川達也

 90年代、青年誌エロ漫画において天下を取っていたのは間違いなく江川達也だと思いますが、何本も大ヒットを飛ばしながら、ここまで評価されない人も珍しい。作画はともかく、話が勢いに任せすぎというか…。

 代表作「東京大学物語」は巻数が多いんですが、6巻の英里とのSEXシーンは、当時の中高生で知らない者はいないというレベルなので、とりあえずそこまでは読むべきかな。あと18・28・33・34巻がエロ多め。

 同時期に描かれた「GOLDEN BOY」も、短くまとまっててオススメです。その後、作者は売れっ子になって勘違いしたのか、政治色の強い作品を描いたりタレント活動したり…おかしな方向に進んでしまったのが残念。

「東京大学物語」江川達也
ダウンロード版

江川達也
「東京大学物語」より

江川達也
「東京大学物語」より

江川達也
「GOLDEN BOY」より
2012年11月08日|トップページへ個別記事

1980年代のエロ漫画 永井豪 細野不二彦 江口寿史 えびはら武司 真木富士人 本山一城

■永井豪 細野不二彦 江口寿史 えびはら武司 真木富士人 本山一城

 永井豪も「まぼろしパンティ」など描いてますが、さすがにこの頃になると絵に古臭さも感じられる。ただ、シュールなギャグセンスは健在で、エロ漫画としてより、むしろギャグ漫画として感心してしまった。

 現在は復刻版含め入手困難なので、読むなら電子書籍版がお得。また、週マガに連載されたシリアス系作品「凄ノ王」での雪代レイプシーンは、エロくはないですが伝説となってます。

 もっとライトな作品としては、学園忍者ラブコメ・細野不二彦さすがの猿飛」や、元祖男の娘?江口寿史ストップ!!ひばりくん!」あたり、ほぼギャグ漫画ですが入手しやすくてオススメしたいところ。

 あとは、児童向けのえびはら武司まいっちんぐマチコ先生」がアニメの人気もあって社会問題化。教師にセクハラするという内容がまずかったのか、国会で取り上げられたりしたそうです。

 まあ、ところどころ際どい描写があったりしますが、これはさすがに絵柄がコミカルすぎてエロスは感じられない。所詮は児童漫画ですので、手を出す場合はあまり期待しないように。

 他、この手のジャンルで最高クラスのプレミアが付いている真木富士人ダイナマ舞」や本山一城どっきりエンジェル」もありますが…調べてもあんまりエロそうじゃないし、今のところ手を出す勇気はありません。

「まぼろしパンティ」永井豪・高円寺博
ダウンロード版
「まいっちんぐマチコ先生」えびはら武司
ダウンロード版

永井豪
「まぼろしパンティ」より

永井豪
「まぼろしパンティ」より

永井豪
「まぼろしパンティ」より

細野不二彦
「さすがの猿飛」より

江口寿史
「ストップ!!ひばりくん!」より

えびはら武司
「まいっちんぐマチコ先生」より
2012年11月08日|トップページへ個別記事

1980年代のエロ漫画 内山亜紀 あんどろトリオ

■内山亜紀 手塚治虫

 80年代ロリコン漫画ブームの代名詞・内山亜紀が週刊少年チャンピオンで連載した「あんどろトリオ」は、少年誌史上最大の汚点と言っても差し支えない、超ど変態ペドおむつ漫画でした。

 復刻版に成年マークが付いたのも頷けるほど、少女のオムツ・おしっこ・痴態の嵐。時にはオムツのシミまで表現するイカれぐあいで、特に1〜2巻はヤバすぎる。この時代のカオスっぷりを象徴する作品。

 ちなみに、このロリコンブームは手塚治虫にまで影響を与え、同誌において「プライム・ローズ」という美少女SF作品を連載。正直、面白くはないですが、手塚作品としては異色のエロ表現が楽しめます。

「あんどろトリオ」内山亜紀
ダウンロード版

内山亜紀
「あんどろトリオ」より

内山亜紀
「あんどろトリオ」より

内山亜紀
「あんどろトリオ」より

手塚治虫
「プライム・ローズ」より

手塚治虫
「プライム・ローズ」より

手塚治虫
「プライム・ローズ」より
2012年11月05日|トップページへ個別記事

1990年代のエロ漫画 山本直樹(森山塔・塔山森)

■山本直樹(森山塔・塔山森)

 80年代・ロリコン漫画誌で活躍した作家の中で、一番の出世頭といえば山本直樹でしょう。決して抜きに適した作風ではありませんが、エロ関係なく、漫画好きなら必ず通っておくべき作家の一人。

 当時からエロ漫画家と呼ぶにはあまりにセンス・オブ・ワンダーに溢れてましたが、この時期に才能が爆発した感じ。中でも91年の短編集「BLUE」は、東京都の条例で有害コミック指定を受けたいわくつきです。

 個人的には90年代の作品が好きで、短編集なら「学校」「フラグメンツ」、長編なら「ありがとう」あたりもオススメ。いちはやく取り入れたデジタル作画による、細い均一な線も作風にマッチして魅力的です。

「BLUE」山本直樹
ダウンロード版

山本直樹
「BLUE」より

山本直樹
「学校」より

山本直樹
「フラグメンツ機廚茲
2012年10月26日|トップページへ個別記事

1970年代のエロ劇画 笠間しろう ケン月影 三条友美 村祖俊一 石井隆 早見純

■笠間しろう ケン月影 三条友美 村祖俊一 石井隆 早見純

 ついでに70年代の成年誌(エロ劇画誌)について。前述のふくしま政美以外で代表的な作家というと、笠間しろうになるでしょうか。「これぞエロ劇画」という王道的な作画スタイルは「昭和の浮世絵」と呼ばれる程。

 他、ケン月影三条友美村祖俊一、後に映画監督となる石井隆などもいますが、エロ劇画出身で一番有名なのは「哭きの竜」の能條純一だと思う。80年代に入ると猟奇系で知られる早見純も出てきます。

 未だにエロ劇画誌が出版されてるってことは、50代以上の人が買ってるんでしょうね。私も何冊か読んだことがありますが、世代的にさっぱり興奮できない。DMMのサンプル画像だけでお腹いっぱいです。

「恥辱の貴婦人 笠間しろう作品第一集」笠間しろう
ダウンロード版

笠間しろう
「魔縄の貴婦人」より

三条友美
「三条友美全集 溺愛編」より

村祖俊一
「娼婦マリー」より
2012年10月22日|トップページへ個別記事

1970年代のエロ漫画 ふくしま政美 女犯坊

■ふくしま政美

 ふくしま政美・滝沢解女犯坊」は、エロ劇画ブームの先駆けとなった「漫画エロトピア」で連載された作品。正直、この時代の成年向け作品で有名なものというと、この作品くらいしか調べても出てきませんでした。

 全3巻ですが、合計約2000ページという超ボリューム。電子書籍で手軽に購入できるので、読んでみましたが…女犯道を掲げて世直しの旅を続ける怪僧・竜水のセックスバトル漫画って感じでしょうか。

 98年からは漫画サンデーで続編も連載されました。劇画なので興奮はできませんが、パワフルな肉体描写は印象的。ちなみに週刊少年マガジンで「聖マッスル」という筋肉満載の作品も描いてます。

「女犯坊」ふくしま政美・滝沢解
ダウンロード版

ふくしま政美
「女犯坊」より

ふくしま政美
「女犯坊」より

ふくしま政美
「女犯坊」より
2012年10月21日|トップページへ個別記事

1970年代のエロ漫画 吾妻ひでお ふたりと5人

■吾妻ひでお 弓月光

 週刊少年チャンピオンに連載された吾妻ひでおふたりと5人」は、永井豪作品を除けば、70年代屈指のエロギャグ漫画なんですが…これは編集の意向で嫌々描かれたものだったそうです。

 実際、作者の作品としてはかなり分かりやすく、大衆向けに無理してたのかなぁという感じもしますが、エグイ表現もあって楽しめた。作者はSF作家としても有名なので、今なら「アズマニア」あたりもオススメしたい。

 他、この時期では、弓月光の少女漫画家時代の作品「ボクの初体験」もTSとかTGとか言われる性転換モノとして有名ですね。脳移植によって男女が入れ替わる話で、割と面白かった。

「ふたりと5人」吾妻ひでお

吾妻ひでお
「ふたりと5人」より

吾妻ひでお
「ふたりと5人」より

弓月光
「ボクの初体験」より
2012年10月20日|トップページへ個別記事

■おすすめアダルトグッズ > 管理人レビューはこちら

人気No.1オナホール

人気No.1ラブドール

おすすめローション

包茎矯正器具
エロゲ回顧録

2010年代の名作エロゲ

2000年代の名作エロゲ

1990年代の名作エロゲ
エロ漫画回顧録
2010年代

少年誌・青年誌

成年誌
2000年代

少年誌・青年誌

成年誌
1990年代

少年誌

青年誌

成年誌
1980年代

少年誌

青年誌

成年誌
1970年代

少年誌

青年誌
-
AV回顧録

歴代おすすめAV作品
エロボイス回顧録

おすすめ同人音声
データベース

オナホール入門
アダルト業界ちょっといい話
メガストアHエロボイスドラマ
3Dエロゲ定番ベンチマーク
エロゲー通販・買取サイト比較
>>全て読む
リンク集
エロ漫画家リンク集
エロゲー原画家リンク集
PR
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
定番オナホール
まだ名前がありません
まだ名前がありません

管理人愛用
オナホールセット販売
お得なセット販売
最高級オナホール
極上生腰
極上生腰
電動オナホール
A10サイクロンSA
A10サイクロンSA +PLUS
インサートエアピロー
インサートビーズクッションピロー 匠
インサートビーズ
クッションピロー 匠
前立腺刺激
NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)
NEXUS REVO STEALTH
(レボ・ステルス)
ペニス増大器具
アンドロヤマトV3
アンドロヤマトV3
新作エロ漫画

求愛エトランゼ
ホムンクルス

ラフスケッチ
関谷あさみ
ブックマーク
発売カレンダー
18禁ゲーム(げっちゅ屋)
攻略リンク集
ゲーム攻略への道
Eroge RSS Checker
GameLeader
セーブデータ・改造
SAGAO.Zのホームページ
プロフィール
  • サイト説明
  •  「ラブラブ和姦至上主義」を掲げる管理人・メガネによる、アダルト専門レビュー&攻略サイトです。

  • メールフォーム
記事検索