1980年代のエロ漫画 吾妻ひでお

■吾妻ひでお

 吾妻ひでおは、それまで劇画調のみだった成年漫画の世界に、アニメ調の絵柄を持ち込んだ先駆者的な人なんですが…80年代生まれの管理人からすると、この辺がどうもピンとこなかったりする。

 もちろんWikipediaを始め、至る所でそう書かれてるし、実際にそうだったんだろうけど、別に作者名で検索してもエロい絵や単行本が出てくるわけでなし。70年代にも永井豪本宮ひろ志がいたわけで…。

 長らく不思議だったんですが、調べていくと、当時(80〜81年頃)の同人誌「シベール」や自販機本「少女アリス」で発表された成年向け作品は「夜の帳の中で」に割と収録されてると知り、購入してみました。

 …なるほど、読んでみれば確かに、エロ漫画の萌芽を感じる。70年代にも少年誌や青年誌で描かれたアニメ絵のエロ系作品はいろいろありますが、ここまで露骨な性描写はまだ見られなかった。

 ただ思ったのは、やはりこの人は「不条理系SF美少女ギャグ漫画家」であって「エロ漫画家」ではないな、ということ。

 終始異様な世界観で繰り広げられる少女達とのセックスは、漫画好きとしては楽しめましたが、これを「エロ漫画」と呼ぶには抵抗がある。

 リアルタイムで読んでいれば、また違った感想を持ったのかもしれませんが…可愛らしい絵柄でセックスや下ネタをいくら見せられても、そこに欲情することは最後までありませんでした。

 一般誌で発表された作品に関しては現在、山本直樹がセレクトした傑作選「21世紀のための吾妻ひでお」が出ているので、作者のエッセンスだけを味わいたいなら、そちらで十分だと思う。

 あと、吾妻ひでおといえば、2005年に失踪中の実体験を元に描かれた「失踪日記」が大きな話題となりました。作者は今では、こうしたエッセイ漫画の方でメインに活動しているようです。

「夜の帳の中で」吾妻ひでお
「21世紀のための吾妻ひでお Azuma Hideo Best Selection」吾妻ひでお
「失踪日記」吾妻ひでお

吾妻ひでお
「夜の帳の中で」より

吾妻ひでお
「夜の帳の中で」より

吾妻ひでお
「夜の帳の中で」より
2012年06月20日|トップページへ個別記事

■おすすめアダルトグッズ > 管理人レビューはこちら

人気No.1オナホール

人気No.1ラブドール

おすすめローション

包茎矯正器具