2010年代のエロ漫画 岡田コウ 鬼束直 東山翔 しでん晶

■岡田コウ 鬼束直 東山翔 しでん晶

 ロリ系では、ピークを迎えつつある鬼束直「ポルノグラフィティ」、東山翔Japanese Preteen Suite」あたりは外せないけど、この辺からLOはペド気味になってきて、私はあんまり興味もてなくなりましたね。

 非LOでは、新人の岡田コウチュー学生日記」が女流ならではの可愛らしい作風で断トツ人気に。マイナーどころで、しでん晶キャンディーガール」なんかもレベルの高い作画で印象に残った。

 ちなみに、この頃からAmazonで「COMIC LO」を始め、LO系の単行本がほとんど扱われなくなる事態に発展。そのくせ、マーケットプレイスでは扱われてたりもするし、基準が謎すぎるんですが…かなりヤバイ。

「チュー学生日記」岡田コウ
ダウンロード版

鬼束直
「ポルノグラフィティ」より

東山翔
「Japanese Preteen Suite」より

しでん晶
「キャンディーガール」より
2013年06月21日|トップページへ個別記事

2010年代のエロ漫画 師走の翁 そうま竜也 ひげなむち 赤月みゅうと ホムンクルス

■師走の翁 そうま竜也 ひげなむち 赤月みゅうと ホムンクルス

 むちむち系では、師走の翁ピスはめ!」が突出したクオリティだった。大ベテランにして、いまだにこの速度で成長できるのは凄すぎる。同じくベテランのそうま竜也もっちゃん」も好きでしたね。

 新人では、絶妙な寝取り感が見事だったひげなむちヒト・カノ」が一押しだけど、ロリ系から転換した赤月みゅうと奴隷兎とアンソニー」もエロかった。ホムンクルスも売れてましたが、作画以外はまだまだかな。

 今は業界全体の画力がとんでもなく上がってきてて、センスある若手が出てきても、画力で中堅に負けちゃうケースが目立ってきた。新人は今後、ひげなむちのようにテーマを絞って勝負すべきかもしれない。

「ピスはめ!(上巻)」師走の翁
ダウンロード版

師走の翁
「ピスはめ!」より

ひげなむち
「ヒト・カノ」より

赤月みゅうと
「奴隷兎とアンソニー」より
2013年06月19日|トップページへ個別記事

2010年代のエロ漫画 久遠ミチヨシ ハルミチヒロ 田中ユタカ 榎木知之

■久遠ミチヨシ ハルミチヒロ 田中ユタカ 榎木知之

 この時期の非成年では、特に久遠ミチヨシ絶対★は〜れむ」の安定感が目を引く。抜き特化のハーレム物として、高いレベルでまとまってる良作。ただ、ちょっと長く続けすぎな気も。

 シナリオ重視なら、ハルミチヒロベルベット・キス」が人気だったけど、少女漫画的な内容には好みが分かれそう。なので、個人的には田中ユタカ久々のエロ漫画「初愛」あたりがオススメ。

 やはりラブラブ和姦物では他の追随を許さない魅力がある。他にもいろいろ読んだけど、ピンときたのはこのくらいかな。新人では、榎木知之あたりが売れてた印象ですが、エロ度はいまいち。

「絶対★は〜れむ」久遠ミチヨシ
ダウンロード版

久遠ミチヨシ
「絶対★は〜れむ」より

ハルミチヒロ
「ベルベット・キス」より

田中ユタカ
「初愛」より
2013年06月17日|トップページへ個別記事

2010年代のエロ漫画 矢吹健太朗 本名ワコウ

■矢吹健太朗 本名ワコウ

 少年誌では、文句なく矢吹健太朗・長谷見沙貴To LOVEる ダークネス」の時代。週刊少年ジャンプで人気を博した「To LOVEる」の続編で、月刊少年ジャンプの後継誌である「ジャンプスクエア」に連載。

 その過激さはネットでもよくネタにされてます。私なんかは世代的にお呼びじゃないですが、少年期に「To LOVEる」を読んでた人たちにとっては、かなりの破壊力を発揮するんだろうなぁ。

 というか、これは本当に少年誌なんだろうか…雑誌掲載時にも乳首全開だし、やってることが完全にペッティングなんですけど。本名ワコウノゾ×キミ」は「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」の焼き直しみたいな感じで、微妙。

「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」矢吹健太朗・長谷見沙貴
ダウンロード版

矢吹健太朗・長谷見沙貴
「To LOVEる ダークネス」より

矢吹健太朗・長谷見沙貴
「To LOVEる ダークネス」より

本名ワコウ
「ノゾ×キミ」より
2013年04月06日|トップページへ個別記事

2010年代のエロ漫画 きづきあきら 雨蘭 本名ワコウ 花見沢Q太郎

■きづきあきら 雨蘭 本名ワコウ 花見沢Q太郎

 青年誌では、2000年代で言及したぢたま某甘詰留太も相変わらず人気なんですが…この時期の連載開始作品では、きづきあきら・サトウナンキうそつきパラドクス」をオススメしたい。

 これは彼氏持ちのヒロインを巡る三角関係を描いたもので、終盤の展開はどうかと思うものの、途中までの寝取り感が秀逸だった。青年誌でエロをやるなら、最低でもこのくらいのストーリーは欲しいところ。

 また、ロリ系で人気を博したのが、雨蘭無邪気の楽園」。寸止め作品とはいえ、ヤングアニマルらしくない、青年誌の範疇を逸脱したロリっぷりは、前述の都条例への当てつけとも感じられます。

 ただ、成年誌やエロゲの現状を考えると、一般誌で今これをやるのは無神経すぎかな。ちなみに雨蘭は元々成年誌でペド系作品を描いてた作家で、当時の単行本には結構なプレミアが付いてたり。

 新人では携帯サイト発の本名ワコウノ・ゾ・キ・ア・ナ」が、特にダウンロード販売サイトで目立ってた印象。瀬口たかひろ佐野タカシもいろいろ描いてるけど、ちょっとピンとこないかな。

 あと、花見沢Q太郎が久々に描いたエロ系作品「少年よ大志を抱け!」も、往年のファンとしては嬉しかった。ただ、フィニッシュシーンに見開きを多用する等、手抜きが感じられたのは残念。

「うそつきパラドクス」きづきあきら・サトウナンキ
ダウンロード版
「無邪気の楽園」雨蘭
ダウンロード版

きづきあきら・サトウナンキ
「うそつきパラドクス」より

雨蘭
「無邪気の楽園」より

本名ワコウ
「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」より
2013年04月06日|トップページへ個別記事

2010年代のエロ漫画 松山せいじ 糸杉柾宏

■規制強化の動き 松山せいじ 糸杉柾宏

 2010年、東京都青少年健全育成条例の改正論議が巻き起こり、「非実在青少年」という言葉がネットを賑わしました。まあ結局、大した規制強化は行われなかったのだけど、各誌エロ系の新作は減った気もする。

 この件で特に槍玉に挙げられたのは、ロリ系の松山せいじ奥サマは小学生」、近親相姦物の糸杉柾宏あきそら」など。この時期は「ヤングチャンピオンREDいちご」等、萌えエロ雑誌がやり過ぎてた印象はある。

 私としても法規制には断固反対ですが、一方で業界の自主規制がザルすぎるのも事実であって…こうした作品を見てると、適度な締め付けやバッシングは、むしろあった方が良いのかなぁと思ったりもします。

「奥サマは小学生」松山せいじ
ダウンロード版

松山せいじ
「奥サマは小学生」より

松山せいじ
「ぶっ★かけ」より

糸杉柾宏
「あきそら」より
2013年04月05日|トップページへ個別記事

■おすすめアダルトグッズ > 管理人レビューはこちら

人気No.1オナホール

人気No.1ラブドール

おすすめローション

包茎矯正器具